*

論理的か否かは相手が決めること

中井隆栄 1dayセミナー

 

わかりやすく話しているつもりなのに、なぜか理解を得られないということがよくありますよね。

なぜ、そんなことが起こるのでしょう・・

 

論理的か否かは相手が決めること

 

一生懸命に話をしているのに
「もっと論理的に話をしてくれないか」
「気持ちはわかるけれども、理屈がよくわかない」。

そう言われて逆に
「自分の説明がわかりづらいのではなくて、あなたの理解力が悪いだけなのでは?」

「あなたが、この説明のどこがわからないのかが、私にはわからない・・・」

と思ってしまうことがあります。

相手が自分と同じような価値観の人だったら話は早いのですが、当然考え方の違う人や、信頼関係のできていない人にも説明をしなければならない局面に遭遇します。

その際は、理論的に道筋を立てて説明する必要が出てきます。

では、どのぐらい論理的に説明をすれば、論理的に説明をしたといえるのでしょうか・・

論理的か、論理的でないかは、誰が決めるのでしょうか・・・。

そもそも「論理的に説明をする」とは、どのように説明をすることを指しているのでしょう?

実は、論理思考を体得する上でまず始めに重要なのは「論理的か否かは相手が決める」という大原則を肝に銘じるということなのです。

ビジネスの多くの局面においては、「相手に理解してもらい、行動をしてもらう」ということが目的なのであって、正論を吐いて相手を論破することが目的ではありません。

相手の考え方を知り、相手に理解してもらうために、自分はどうすればいいのかを考えるところから「本当の論理思考」が始まると言えます。

つまり論理的に説明をするとは、「相手の頭の中で話が繋がるように、相手の疑問に答えること」なのです。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

脳が喜ぶ「朝ご飯」

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳の最大の特徴は「わがまま」なこと

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

セルフ・イメージ・チェンジする方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

これで起業への第一歩を踏み出せる!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

記憶とストレスの意外な関係

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
超一流の人から学ぶ

どんな分野でも、勝者というのは、ほとんど例外なく、20%の努力で8

ビジネスがうまくいかない人って?(2)

前回は、ビジネスがうまくいかない7つの問題点のうち3つお話ししまし

ビジネスがうまくいかない人ってどんな人?(1)

私は約1,400人の経営相談を受けているうちに、ビジネスがうまくい

心の時間=老いる時間

実際の年齢よりもずっと若く見える人がいますね。 いつまでも若々し

ヒット企画連発会議法とは?(2)

前回は、1回目の会議でアイデア出しのルールを確認することについてお

PAGE TOP ↑