*

天職だと感じる瞬間とは?

DM003_L
この仕事が天職だと感じられる人ほど幸せな人だと思うのですが人はどんな時に天職だと感じるのでしょう?
調べてみるとちょっとした特徴が見えてきましたよ。

中井隆栄 1dayセミナー

 

天職だと感じる瞬間とは?

これが自分の天職だと感じる時についてこの様な声がありました。

「自分の存在意義が証明されたときです。自分にしかできないことを行い、世の中の役に立つことができたときは嬉しいです」
「人の役に立っているときです。集中したり神経も使いますが、結果を出した時は本当にうれしいです」
「自分の勉強してきたことがお客さまに喜ばれ、またそれがお金になって自分に返ってきた時です」

自分のやっていることが何か結果に結びついたり人のためになっていると感じることができたとき天職だと意識する人が多いようです。

一方で、自分の仕事を天職だと感じられない人もいます。

「職場でトラブルがあって、落ち込んでしまった時に辞めたい、と思うことがあるので天職ではないと思う」
「どんなに頑張っても昇級や賞与が無いためやりがいを感じて仕事をすることが出来ません」
「今の仕事は好きで適職とは思いますが、天職とは違うような気がします」

天職であるか、そうでないかの違いは仕事で問題を抱えたり行き詰った時に苦に思わず乗り切ろうと思えるかどうか報酬の有無にかかわらず、無償でも喜んでやれるかどうか、にも現われてくるようです。

2011年に喉頭がんで亡くなった私が一番好きな落語家の立川談志さんも著書にこんな言葉を書かれていました。

「談志ほど落後に深く興味を持った者は、過去一人も居るまい。ただ好きで入って来ちゃっただけだが悔いはない。落語家は天職」

好きだという気持ちがあるかないかで随分変わってきますよね。
好きだという感情があれば苦難も乗り越えようとしますし無償でも働けるのでしょう。

天職である根底にはその仕事が“好き”であることが前提のようです。
自分の仕事を天職だと思える人は幸せな人だと思いますがそう感じる時は頻繁に起こりませんよね。
ちょっとした瞬間に、「ああ天職だなあ~」とと感じるはずです。
ですがその時ほど、幸せな瞬間はないでしょう。
その天職を感じる瞬間をぜひ大事にしていただき
次の仕事へのエネルギーにしてください。

それでは今日も、充実した1日をお過ごしくださいね。

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

人の長所を伸ばす、魔法の3つの言葉

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

他人の悪口は自虐行為?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

手強い悪習と直ちに手を切るテクニック

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人生における2つの道の歩き方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「書く」ことが持つ威力

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
快楽と痛みの原則

人間は無意識の状態では、常に快楽を得ようとし、苦痛を避けようとする

脳波の種類と脳の働き

筋肉や神経線維と同じく脳細胞が働くときにも電位変動が起こります。

覚えたことを忘れにくくする方法

勉強法を間違えると忘れることが速まったり、覚えたことが混乱します。

掃除は、脳が喜び、幸運を引き寄せる

いきなり質問ですが、あなたの部屋はいつも掃除と整理・整頓が行き届い

良い口グセを言う習慣

何気ない一言でも、口癖になると無意識に一生言い続けることになります

PAGE TOP ↑