*

自分の強みは誰が一番分かるの?

EC013_L

中井隆栄 1dayセミナー

自分のことは自分が一番分かっているそう思っていらっしゃいませんか?

自分のことは自分が一番わかるそう思うのはごく自然なことです。
しかし時には、他人から見たあなたの姿がズバリ当たっているなんてこともありますよね。
客観的に物事を見た方が当たっている、本人が見えない物も見えるなんてこともあるのです。

それを的確に表したのが「ジョハリの窓」ですよね。
この概念は、あなたも恐らく聞いたことがあるでしょう。
これは心理学者ジョセフ・ルフト氏とハリー・インガム氏によって考案された、心理学で良く使われるモデルです。
それによると自分の姿は、次の4つの窓に分類されるといいます。

  1. 開放の窓(自分にも、他人にも分かっている姿)
  2. 秘密の窓(自分に分かっているが、他人には見せない姿)
  3. 盲点の窓(他人に分かっているが、自分には分かっていない姿)
  4. 未知の窓(自分にも他人にも分かっていない姿)

このうちの“3. 盲点の窓”が他人には分かっていて自分自身では分かっていない領域です。
つまり他人が客観的に見ると見えるが本人は分からない領域です。
この領域を少なくする為には自分が分かっている領域を広くし他人しか知らない領域を減らすこと、つまり他人の協力が必要となります。

自分の強みは誰が一番分かるの?

誰にも、“盲点の窓”はあります。先ずは同僚、上司、家族、友人など自分以外の人が知っている自分を知ることから始めてみましょう。
今まで知らなかった自分を知ることにより、自分自身も大きく成長するでしょうし何よりも他人からあなたの姿や強みが何か大きなカギを握っていることがあります。

できるだけ早く“盲点の窓”を小さくして自分のまだ知らない可能性を数多く知るようにしてみましょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

小さい事に忠実な人は大きい事にも忠実である

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

気分が乗らない上司や同僚の対処法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

記憶を成長させる「レミニセンス現象」とは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

起業後、成功の鍵を握るのは良きコンサルタント・アドバイザー

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人生のテーマの見つけ方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
会社のバリューも統一する

会社の経営理念であるミッション、ヴィジョン、バリューについてお話し

不安は現実にならない

人生に不安はつきものですよね。 でも、不安の9割以上は現実にならな

ついでに買ってしまう理由

あなたもお持ちだと思いますが、普段着るスーツの中には、高級な素材で

3つの非言語コミュニケーション・スキル

第327回目のポッドキャストでは、コミュニケーションについて品川オ

新規事業を考えたいなら

新規事業を考えたいと思っている時、まず何をしますか? 私はやはり、

PAGE TOP ↑