*

寝る前に今日会った人に・・・

DK048_L

中井隆栄 1dayセミナー

失礼ですが、今あなたはお幾つですか?

いきなり変な質問をしてしまったかもしれませんが 時々、自分はあと何年生きられるのだろうか?
そんなことを考えたりしませんか?
もしかしたら今日会った人とは もう二度と会うことがないかもしれない、そんな風に思った事はありませんか?
あるいは、ある特定の場所には 生きている間にもう二度と行くことはないかもしれない そんなことを考えたりしませんか。

 

寝る前に今日会った人に・・・

人間は一生の間に出会える人数がほぼ決まっているといいます。
その正確な数は人によって意見が異なりますが 1万人、5千人、あるいは3千人ともいわれています。
そのうち本当に親しくなれるのは ごくごく限られた一部の人ですよね。
そのような限られた数と経験という意味からも 私は「一期一会」という言葉を大切にしています。
出会うことができた人に 私が出来る精一杯のことをしてあげる。
その人のためになることを何かしてあげる。
それが普段から私が心がけていることです。

このような気持ちで生活していると、目の前の何気ないことに、感謝することができるようになります。
当たり前のように【中井塾】の塾生さんが周りに居て 家族がいて、会社があってそこで働く社員がいる。
そんな当たり前の事に感謝する気持ちが自然と湧いてくるのです。

過去に野球の全日本チーム投手コーチを務めていた 大野豊氏も「一期一会」というこの言葉を 大切にしていたそうです。
彼は常に心の中で、「このメンバーで野球ができるのは限られている」 と言い聞かせ、毎日、選手への 「お疲れさん、ありがとう」 という言葉は欠かさなかったと言います。
そして毎夜、寝る前に、 選手一人一人の顔をイメージして・・・ 「一緒にここまで戦ってくれてありがとう」 と感謝したと言います。

その日出会った全ての人に感謝することは あまり簡単なことではありません。
時にはムシャクシャするほど 腹が立つ相手も当然いるはずです。
でも昼間のその瞬間は大嫌いだと思っても、夜、寝る前には、その人も含めて 出会った一人一人の顔を頭にイメージする。
そして「ありがとう」と一言声を掛けて眠りにつくのだそうです。
そうすると、一日を気持ちよく終えることができ 明日への新しいプラスのエネルギーが 生み出されると言います。

実際にやってみると分かると思いますが、大嫌いな相手も、毎夜、「ありがとう」と声を掛けていると 不思議と相手の良い面が見えてきて 好きになってくることがあります。
その結果、嫌いだと思い込んでいた人とも 良い人間関係を築くことができるようになるのです。
「一期一会」の気持ち その日会った人に感謝する気持ちが あなたの人生を良い方向に導いてくれるはずですよ。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

 

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

人は成功に対する恐怖を抱いている

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

私にとってお金とは○○です

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人間の欲求は3つしかない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

チャンスは人を介してやってくる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

セルフ・イメージは枠組みである

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ビジネスの広がりは、垂直展開と水平展開

商品やサービスの広がりは、垂直展開と水平展開の2つの軸で考えること

「夢は大きく、目標は高くのウソ」

第358回目のポッドキャストは、品川のオフィスから、夢は大きく!、

ラーメンだってタダでは食べられない

あなたの目標はどれくらいクリアですか? ぼんやりとした文字通りの「

脳はランキング1位のものだけをアウトプットする

脳というのは、1つのインプットに対して、1つのアウトプットを行いま

ダイエットを成功させる4つの方法

あなたは、いつもダイエットをしていませんか・・・? 今日は、ダイエ

PAGE TOP ↑