*

心地よい言葉を否定形で使おう!

DJ024_L

中井隆栄 1dayセミナー

次に挙げる2つの文のうちどちらに快感を覚えどちらに不快感を覚えますか?

  • 「今日は晴れている」
  • 「今日は雲がない」

・・・では次の文ではどうでしょうか?

  • 「部屋が片付いていない」
  • 「部屋が汚れている」

恐らく、どちらの文章においてもより不快感を覚えたのは後者でしょう。
“雲がない”という言葉は“晴れている”という言葉より不快感を与えます。
“汚れている”という言葉は“片付いていない“という言葉より不快感を与えるのです。
それは何故でしょうか?それはどちらもその言葉が持つイメージそのものがネガティブなものだからです。

 

 

心地よい言葉を否定形で使おう!

より気持ちのよいイメージを与えるのが“片付く”という言葉であり例え“片付いていない”という否定形に変わっても脳は“片付く”という言葉が持つ気持ちのよいイメージを頭に浮かべるからなのです。
より分かりやすいのは次の文章でしょう。

  • 「今日は気持ち悪くもないし、頭も痛くない」
  • 「今日は調子がいい」

2つの文章から受け取るイメージが明らかに違いますよね。
また、

  • 「お店は混んでいなかった」
  • 「お店は空いていた」

こちらも同じ意味を表していながら受け取る印象がかなり違います。
よりポジティブに気持ちよく生活するため私達も日々の生活で使う言葉を選びたいものです。
心がけたいのは伝える内容よりもどの言葉を使って伝えるかということ。
同じ内容を伝えるにも使う言葉によって相手に与えるイメージは大きく変わるということを覚えておきたいですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

仕事は“楽しんでやる”こと

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

嫌な記憶はアルコールで消せる?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

他人に「投影」されるのは自分自身

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳のゴールデンタイムはいつ?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

切符がないと行きたい場所には行けない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
潜在意識を味方につける簡単な方法

人間の顕在意識は、脳全体の1%以下の能力しか使っていません。 残り

労力・時間・お金に正比例しないもの

新しい物事を始めてから、成功するまでをグラフにしたものを成功曲線と

第三者が褒めると人は信用する

自分のことを自分で褒めても、何を言っているんだろうと思われますが、

その行動の裏にある利益

第323回目のポッドキャストでは「ウィリアムグラッサー博士の選択理

商品より先にあなたが見極められている

あなたは、お客様とすぐに仲良くなれるタイプですか? 世の中には、す

PAGE TOP ↑