*

世界中には3タイプの人種がいる?!

EC028_L

中井隆栄 1dayセミナー

脳のタイプを体系化するNLP(神経言語プログラミング)を知っていますか?
1970年代に、アメリカの言語学者ジョン・グリンダーと数学者のリチャード・バンドラーが開発した理論です。
NLPは成功者の思考や行動をモデル化し脳をプログラミングした「脳のユーザーマニュアル」、「脳のソフトウェア」とも呼ばれています。
これからお話しする、VAKもそのモデルの1つなんですね。

世界中には3タイプの人種がいる?!

  • Vは、Visual (視覚)
  • Aは、Auditory (聴覚)
  • Kは、Kinesthetic (体感覚)

 

それぞれの頭文字をとってVAKですが、人の脳は、アクセスできる感覚にクセがありVAKのどれに最も早くアクセスできるかによって人を分類することができるのです。
ここで、自分や周囲の人がVAKのどのカテゴリーに当てはまるか簡単にわかる方法をお伝えしましょう。
それは、「話すスピード」をみるのです。

早口の人

V(視覚)タイプの人です。
Vの人は頭の中に浮かぶ画像を言葉にして話します。
言葉にできる情報量より、頭に浮かぶ画像データの方が多いためどうしても早口になり、たくさん話してしまうのが特徴です。

一定の速さで話す人

A(視覚)タイプの人です。
Aの人は耳から入った情報をそのまま話すので速すぎず、遅すぎず、流暢に聞きやすい一定の速度で話します。

遅い速度で話す人

K(体感覚)タイプの人です。
Kタイプの人は、体で感じたことや気持ちを言葉を選びながら話すので、話す速度が非常に遅くなります。
このように見てくると、VタイプとKタイプの人は会話の調子が合わなそうですよね。

しかし事前にタイプを把握しておけば相手の脳の特徴がわかり、最も伝わりやすい伝達方法を選んで話すことができます。
自分とはタイプが別の人とも上手くコミュニケーションがとれるようになるのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

ラポールで相手に心の架け橋を

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

快楽と痛みの原則

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

無意識に発する言葉のパワー

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

行動に駆り立てる脳の仕組み

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

やる気と行動の関係は逆だった?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
挨拶ができる子は友達が多い

挨拶はコミュニケーションの第一歩です。声に出すからこそ伝わるのです

夢や願望を見つけ出すハンティングをしよう

あなたには夢がありますか? 今日は、夢を見つける方法を2つ紹介しま

幸せ脳の基本は「朝ごはん」でつくられる

私たちは毎日、食事によってタンパク質、炭水化物、脂肪といった様々な

キラーフレーズを持つ

あなたは広告の最後に短いフレーズを1つ添えるだけで顧客の信頼度を大

お金を払わないクライアントへの対応

第372回目のポッドキャストは、品川のオフィスから、バースデーコン

PAGE TOP ↑