*

海馬は“生きていくために不可欠な情報”を優先する

中井隆栄 1dayセミナー

人間の脳には、長期記憶と短期記憶があり、長期記憶は、脳のハードディスクと呼ばれる、大脳皮質に保存されています。

この脳のハードディスクの容量はそれほど大きくありません。

海馬は“生きていくために不可欠な情報”を優先する

私達が普段見たり聞いたりしている情報全てを、大脳皮質に入れてしまったら、5分ほどでパンクしてしまうくらいです。

そのため、脳の司令塔といわれている海馬が、必要な情報と必要でない情報の仕分けをして、必要な情報のみを大脳皮質に送っています。

英単語や人や物の名称などが海馬を通過して、直ぐに大脳皮質に保存されるかというとそうではなく、海馬を1回で通過して長期記憶になることができるのは「生きていくために不可欠な情報」だけです。

「イヤな臭いのする物を食べたら食中毒を起こす」
「石が飛んできたら逃げないとケガをする」
「この先には崖があり落ちたら危ない」

といった生命に関する情報のみが、海馬の仕分けを1回で通過し大脳皮質に送られるのです。

では、英単語や人名、地名などの記憶は、どうすれば長期記憶化されるのでしょうか?

そのためには何度も何度も繰り返し、ひたすら情報を海馬に送り続けるしかないのです。

「学習は繰り返しである」と言われるのも、それらは生きていくために不可欠ではない情報であるから。
記憶として定着させるには、海馬に何度もアプローチして、生きていくために必要な情報だと思わせることが必要なのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

(出典:最新脳科学が教える高校生の勉強法 池谷裕二著)

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

睡眠中でも働き続ける感覚は?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

法人へ営業したいのですが・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

上司との人間関係がうまくいかないときには

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

朝の優先順位をつける習慣

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

値引きはお得感を感じられない!?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
経営コンサルタントの神様・船井幸雄先生からもらったアドバイスとは?

  第397回目のポッドキャストは、品川のオフィスから

心身を磨くプレゼン道とは・・

  「1を聞いて、10を知る」「察するコミュニケーショ

習慣は変えられない?

  人間の記憶は、脳の神経細胞(ニューロン)がネットワ

偏差値の高さと頭の良さ関係ある?

「あいつは偏差値が高い」などとよく言いますが、果たして、それは顔が

時間もお金もエネルギー

  約束に必ず5分遅刻する人、あなたの周りにもいません

PAGE TOP ↑