*

アイデアは3つの視点で磨き上げる

中井隆栄 1dayセミナー

私はウォルト・ディズニーのファンです。
でも決してディズニーランドやミッキーマウスが好きなわけでは無くウォルト・ディズニーが大好きなので彼の研究をしているというわけです。
特にディズニーの会議法は素晴らしくディズニーの映画に外れがないことが伺えます。
ディズニーは会議のテーマによって会議を分け会議室の壁の色も分けました。
その部屋の審査を通らないと映画にならないという会議のシステムで、今でもディズニー社ではその方法が実践されています。
この会議法で議論、審査するといろんな角度から検証されるので失敗を防げるのですよね。
具体的には、「夢想家」、「現実主義者」、「批評家」の視点で会議を分けています。

 

アイデアは3つの視点で磨き上げる

一番初めが「夢想家」。つまり夢見るドリーマーですね。
思いつく企画やアイデアを出し合い、夢をどんどん膨らませる部屋です。

次にそのアイデアは、「現実主義者」の部屋に行き予算や技術など、より現実的な意見を出し合います。
最後に「批評家」の部屋。ここで批評家チームから徹底的に企画が叩かれます。
批判を切り返して企画が通れば映画化され通らなければボツになるという仕組みです。

我々の会社の中でも、この会議法は役に立ちます。

●アイデアをどんどん出すチーム(会議)
●現実的に形にしていくチーム(会議)
●徹底的に叩いて磨いて良いものに仕上げるチーム(会議)

この3ステップで企画を磨いていくと失敗を回避することができるのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

「お金」の事業承継を成功させるには?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

社員に方針を徹底させるには?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「ゲスト対談:柳生雄寛先生(経営コンサルタント)」

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成果報告がなによりのエネルギー

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

メニューを変えるときは8対2の割合を意識する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
モノを大切にする習慣

あなたは目の前にあるモノを大切にしていますか?  

重要だけど緊急ではないこと

ベストセラー「7つの習慣」の中で、スティーブン・R・コヴィー博士は

コミュニケーションは傾聴力から磨く

人と会話をしている時、話のネタがなくて困ったり話が広がらなくて困っ

マジカルナンバー・セブン

人間が一度に覚えられることって限度がありますよね? 円周率など永遠

女性事務員をマネジメントする方法

女性の事務員さんのマネジメントで悩むこともありますよね? 忙しい事

PAGE TOP ↑