*

不確実さが脳の栄養素

中井隆栄 1dayセミナー

初めて高級レストランで食事をした時のことを覚えていますか?
多少の緊張とワクワクした嬉しい気持ちや興奮で食事をした後にとても満足した気持ちになったはずです。
しかし、そのようなレストランに行く機会が増えてしまうと高級レストランなのだからサービスの良さ、食事の美味しさは当たり前でサービスや食事に、さほど有り難みを感じなくなります。
これを裏付ける実験があります。

 

不確実さが脳の栄養素

サルに合図を出して餌を与えるという行為を繰り返します。
すると「合図があれば餌をもらえる」と餌が当然となり快楽を生み出す「ドーパミンニューロン」が合図音に反応しなくなるそうです。
そこで合図音が鳴っても餌がもらえない状況を作り出すとこのドーパミンニューロンは働き出し、もらえるのか、もらえないのか分からない、確率が50%の時に最大の働きを見せるそうです。

合図音が鳴る→餌がもらえるというマンネリ化した状況ではサルの快楽ニューロンも反応しないのですね。
人間の脳においても、この「ドーパミンニューロン」は集中力ややる気を維持するのに重要な働きをしています。

日々の生活、仕事、同僚、顧客、風景、家族などマンネリ化してしまったり、当たり前だと思っていることがあればそれは脳にとって良くない環境を作り出しているということ。
老舗で間違いがない高級店に行くよりも初めて行く外資系の高級レストランで「サービスは大丈夫だろうか?味は舌に合うだろうか?」と不確実要素がある方が、脳というのは活性化しているのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

意図は行動より先にある

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

利き手が脳に与える影響

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

結果を出す人は“あいづち”が上手

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

7つのマネジメントスキル:その①

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳が感知する「色」

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
超一流の人から学ぶ

どんな分野でも、勝者というのは、ほとんど例外なく、20%の努力で8

ビジネスがうまくいかない人って?(2)

前回は、ビジネスがうまくいかない7つの問題点のうち3つお話ししまし

ビジネスがうまくいかない人ってどんな人?(1)

私は約1,400人の経営相談を受けているうちに、ビジネスがうまくい

心の時間=老いる時間

実際の年齢よりもずっと若く見える人がいますね。 いつまでも若々し

ヒット企画連発会議法とは?(2)

前回は、1回目の会議でアイデア出しのルールを確認することについてお

PAGE TOP ↑