*

潜在意識は魔法のランプ

中井隆栄 1dayセミナー

「若い人は何を考えているのか分からない」
「若い社員が自分の考えを理解してくれない」
お酒を酌み交わす中高年の会社員がこんな会話をしているのを良く耳にします。
「あの人がもっと行動してくれたら私の人生も良くなるのに・・・」
「部下が自分をもっと良く理解してくれたら仕事がうまく回るのに・・・」
人は目前に広がる状況の悪さを他人のせいにしがちです。
他人が変われば問題が解決すると思っていますが自分以外の人間を変えることはそう簡単ではありません。
正直、無理でしょう。
問題解決は、他人に向かうより自分自身に向かう方が、うまくいきます。

 

潜在意識は魔法のランプ

潜在意識も同じですよね。
「あの人にこうなって欲しい」「あの人がこうしてくれたら」と潜在意識にインプットしても“あの人”が変わることはありません。
潜在意識で自分の願いを叶えることはできますが他人を変えることはできないのです。

“アラジンと魔法のランプ”に出てくるランプの精ジーニーもこんなことを言っていました。
「ご主人さまの願いごとをなんでもかなえましょう。しかし、魔法のランプを使っての願いごとには3つの禁止事項があります」と。

3つの禁止事項とは
・人を殺すことはできない
・死者を甦らすことはできない
・自分に気がない人に、自分を好きにさせることはできない

潜在意識も魔法のランプも他人に対して機能しません。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

直感はどこから来るのか?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

無意識に発する言葉のパワー

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人をけなすと、神経細胞が減ってしまう?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

2017年、あなたにとって「どんな意味のある年」だったでしょうか?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

大人社会で生かされる「しつけの三原則」

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
非認知スキルが問われる時代

「日本の教育方法は暗記が中心で試験のために必死で暗記するが試験が終

カフェインは思考を高める?

近年、ペットボトル容器に入ったコーヒーが主流になりつつあるといいま

記憶は海馬から大脳に移動する

事故に遭ったり、腫瘍などを患ったりして記憶を司る海馬が破壊されると

高級品は難解な書体でアピールする

高級料理店では、複雑な書体でメニューを印字するとより高級感が出るそ

女子社員の発想から生まれた新マーケティング

毎日、同じ仕事をしていると思考が凝り固まってしまい新しい発想に乏し

PAGE TOP ↑