*

アドバイスで信頼構築

中井隆栄 1dayセミナー

初対面の人と話をする時、知り合いと話す時と同じように信頼は必要ですよね。
でも、いきなり、信頼を築くことはできません。
相手に興味を持つ
相手の話題の中から自分が興味のある質問をする
相手が話しやすくなるよう共感する状況を作るなどコミュニケーションに工夫を持たせることが必要です。
さらに有効なのは、相手に質問するだけでなく相手に「さりげなくアドバイスを求めること」です。
「私、こんなことで困っているんです」
「何か良いアドバイスはないですか?」と頼られると、何とかしてあげたくなりますよね?
人間は本来、人に教えてあげたりアドバイスをしてあげることに喜びを感じます。

 

アドバイスで信頼構築

アドバイスできるのは、気持ちが良いのです。
でも、いきなり「こうすれば成功しますよ」とアドバイスされて、嫌な気分になる人もいます。
そこでまず相手からアドバイスをもらっておいて「もしよかったら、私の知っている範囲でアドバイスさせていただけませんか?」
ともらったお返しのアドバイスをすると相手も受け取りやすくなるのです。

初対面の人と信頼を構築するにはまず、相手からさりげなくアドバイスをもらいそのお返しとして自分からもアドバイスをすること。
結果、お互いが気持ち良く相手のためになるアドバイスができ見返りを求めず相手を思う姿勢から信頼と深い絆が生まれているのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

記事はありませんでした

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人を否定することは脳にマイナス?!

「あの人は仕事ができないよね」 このように、なにかと他人を否定する

ニーズ法に基づくノウハウは売れやすい?

会社員で経理や総務の経験しかない人がいるとしましょう。 この方はど

どうすれば〇〇できる?

ビジネスで問題が起きると「なぜそんなことが起きたの?」 「なぜこう

いつも可能性にフォーカスする

「常に“今できること”に集中し“良い結果”を引き出す力が図抜けてい

接する時間が長いほど……

長い時間接している人ほど好きになるこれは脳の性質です。 経験からも

PAGE TOP ↑