*

脳が冴えるのは成功率50%のとき

中井隆栄 1dayセミナー

成功した多くの企業は、何度失敗しても成功への意欲を失わず再チャレンジし続けたといいますよね。
人間は、一時的に一生懸命になることはできますが何度も失敗すると、再チャレンジする意欲を失ってしまうものです。
でも、このように考える人は、意欲を失わないといいます。
「今日1日の中で、何か一つでも向上できれば良い」
「今までより、良くできればOK」
常に向上心を持ち、その日何か一つでも向上しようとする考え方が大切なのですね。

脳が冴えるのは成功率50%のとき

意欲が続く人の脳では、やる気を促す神経伝達物質のドーパミンがより多く分泌されることがわかっています。
ドーパミンは、物事を達成した時に一番多く分泌されると思われていましたが、実は期待していたことと
ズレがあった時に、最も分泌が高まることが分かっています。

つまり、トントンと成功してしまった時より失敗してしまったけれど、あと半分可能性があるという時に
より多くのドーパミンが分泌されるのです。
あともう少しこうすれば上手くいくかもしれない!
そういった期待が、脳のドーパミン分泌をさらに増やすのでしょう。

失敗を繰り返しても、成功できる人というのは常に期待とのズレを認識し、そのズレの中にある可能性を信じて挑戦し続ける人なのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

180度違う方向から取り入れてみよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

お金持ちになれない人の特徴

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

20年もやってると体が覚えてるもんですね

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

やる気を出すコツとは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

記憶を成長させる「レミニセンス現象」とは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
士業の営業活動方法とは?

第307回目のポッドキャストでは長野県蓼科にある私の別荘で行われた

3ステップで理想の自分になれる

あなたが理想の自分になりたいと思っていたらやるべきことはたったの3

潜在意識の力で仕事をするには?

脳は大きいものを認識してから細部の小さいものを把握するようにできて

悩める状態から抜け出す方法

「売上が伸びない」「なんとなくビジネスが停滞している」 経営者の悩

ニューロンの周波数の合わせ方

「今日も暑いですね~」「ちょっと蒸しますね」 エレベーターの中など

PAGE TOP ↑