*

大人社会で生かされる「しつけの三原則」

中井隆栄 1dayセミナー

「人生二度なし」という言葉で有名な元神戸大学教授の故森信三先生は子供の「しつけの三原則」を説かれています。
「しつけの三原則」

  • 朝、必ず親に挨拶する子にすること
  • 親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とはっきり返事のできる子にすること
  • ハキモノを脱いだら必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること

 

子供のしつけを今さら言われても・・・という人もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、この三原則がいかに大人になってからも生かされているのかを知れば、今から別の角度で気をつけるようになるかもしれません。

 

大人社会で生かされる「しつけの三原則」

まず、朝、必ず親に挨拶する子にすることですが、挨拶はコミュニケーションの重要な手段です。
特に自分から挨拶する送り手としてのコミュニケーションは初対面の人に対する第一印象を良くするだけでなくその場の雰囲気を良くしますよね。
自分から大きな声で挨拶できるようにするのは子供も大人も同じように大切なことです。

親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とはっきり返事のできる子にすること
一方、返事もコミュニケーションの受け手として挨拶と同じくらい重要です。
取引先、お客様など、他人の信頼を得るにはハッキリとした返事を返すことが大切ですね。

そして、最後。
ハキモノを脱いだら必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること
これは、後始末は都度、自分でする習慣をつけよということです。
この習慣が身につけば、一つのことを最後まで確認するクセがつき、ミスや忘れ物が減り身の回りの整理整頓ができるようになります。

子供の「しつけの三原則」は、とてもシンプルですが大人の社会で必要なエッセンスを教えてくれているのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

たった一度のコンサルで解決できるのはなぜ?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

運に好かれる人、見放される人

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功している経営者の話す言葉と口癖

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

寝ないと記憶が曖昧になる?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

3週間以内に3回コンタクトをとるとリピーターになる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ひとつに専念し脳を効率よく使う

“仕事が速い” “効率よく仕事ができる” というのは、成功者になる

記憶はちゃんと脳に残っている

人は一度覚えたことでも時間とともに忘れてしまうものですよね。 英単

モチベーションが1番上がる時

人はどれだけの負荷に耐えられると思いますか? 人のモチベーションは

グルコンで押さえるべき3ポイント

今回お届けする第310回目のポッドキャストは、東京都杉並区のふくち

成功のために習慣化すべき第2領域項目

『7つの習慣』 この本を、あなたも一度は読んだり耳にした経験がある

PAGE TOP ↑