*

大人社会で生かされる「しつけの三原則」

中井隆栄 1dayセミナー

「人生二度なし」という言葉で有名な元神戸大学教授の故森信三先生は子供の「しつけの三原則」を説かれています。
「しつけの三原則」

  • 朝、必ず親に挨拶する子にすること
  • 親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とはっきり返事のできる子にすること
  • ハキモノを脱いだら必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること

 

子供のしつけを今さら言われても・・・という人もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、この三原則がいかに大人になってからも生かされているのかを知れば、今から別の角度で気をつけるようになるかもしれません。

 

大人社会で生かされる「しつけの三原則」

まず、朝、必ず親に挨拶する子にすることですが、挨拶はコミュニケーションの重要な手段です。
特に自分から挨拶する送り手としてのコミュニケーションは初対面の人に対する第一印象を良くするだけでなくその場の雰囲気を良くしますよね。
自分から大きな声で挨拶できるようにするのは子供も大人も同じように大切なことです。

親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とはっきり返事のできる子にすること
一方、返事もコミュニケーションの受け手として挨拶と同じくらい重要です。
取引先、お客様など、他人の信頼を得るにはハッキリとした返事を返すことが大切ですね。

そして、最後。
ハキモノを脱いだら必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること
これは、後始末は都度、自分でする習慣をつけよということです。
この習慣が身につけば、一つのことを最後まで確認するクセがつき、ミスや忘れ物が減り身の回りの整理整頓ができるようになります。

子供の「しつけの三原則」は、とてもシンプルですが大人の社会で必要なエッセンスを教えてくれているのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

“ドラえもん”がついに米国進出!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「関西人」 = 「おもしろい」?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

・・・癖を知って、不安や恐怖とさようなら

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

運の良い人には逆らわない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

部下の気分が乗っていない時はどうすれば良いの?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
プレゼンをするときのポイントとは?・・その1

  プレゼンやコミュニケーションで、ご自身が思っている

必要なのは十分な反復練習

  子供の頃、漢字を覚えるのに苦労した経験は誰にでもあ

お金との距離を縮めれば豊かになれる?

  豊かになりたければ、お金のそばにいなければなりませ

できる人のブレーキとは?

  ブレーキとは、止める力のことを指しますが、できる人

記憶の司令塔“海馬”の様々な役割とは?

  第399回目のポッドキャストは、品川のオフィスより

PAGE TOP ↑