*

大人社会で生かされる「しつけの三原則」

中井隆栄 1dayセミナー

「人生二度なし」という言葉で有名な元神戸大学教授の故森信三先生は子供の「しつけの三原則」を説かれています。
「しつけの三原則」

  • 朝、必ず親に挨拶する子にすること
  • 親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とはっきり返事のできる子にすること
  • ハキモノを脱いだら必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること

 

子供のしつけを今さら言われても・・・という人もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、この三原則がいかに大人になってからも生かされているのかを知れば、今から別の角度で気をつけるようになるかもしれません。

 

大人社会で生かされる「しつけの三原則」

まず、朝、必ず親に挨拶する子にすることですが、挨拶はコミュニケーションの重要な手段です。
特に自分から挨拶する送り手としてのコミュニケーションは初対面の人に対する第一印象を良くするだけでなくその場の雰囲気を良くしますよね。
自分から大きな声で挨拶できるようにするのは子供も大人も同じように大切なことです。

親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とはっきり返事のできる子にすること
一方、返事もコミュニケーションの受け手として挨拶と同じくらい重要です。
取引先、お客様など、他人の信頼を得るにはハッキリとした返事を返すことが大切ですね。

そして、最後。
ハキモノを脱いだら必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること
これは、後始末は都度、自分でする習慣をつけよということです。
この習慣が身につけば、一つのことを最後まで確認するクセがつき、ミスや忘れ物が減り身の回りの整理整頓ができるようになります。

子供の「しつけの三原則」は、とてもシンプルですが大人の社会で必要なエッセンスを教えてくれているのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

必要なのは「ビジネス ? スキル」

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

36年の月日を経て

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

他人を否定することは脳にマイナス?!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

習慣の正体は、、、○○の集積だった!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

カフェインは思考を高める?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人を否定することは脳にマイナス?!

「あの人は仕事ができないよね」 このように、なにかと他人を否定する

ニーズ法に基づくノウハウは売れやすい?

会社員で経理や総務の経験しかない人がいるとしましょう。 この方はど

どうすれば〇〇できる?

ビジネスで問題が起きると「なぜそんなことが起きたの?」 「なぜこう

いつも可能性にフォーカスする

「常に“今できること”に集中し“良い結果”を引き出す力が図抜けてい

接する時間が長いほど……

長い時間接している人ほど好きになるこれは脳の性質です。 経験からも

PAGE TOP ↑