*

5世紀続く“とらや”の和菓子

中井隆栄 1dayセミナー

日本人であれば、虎屋の羊羹を一度くらいは口にしたことがありますよね。
昔ながらの日本の味として生き続けたまに、また食べたくなる和菓子です。
そんな虎屋は、室町時代後期の1501年に京都で生まれました。
以来5世紀にわたり、伝統の味を保ち続けている虎屋は、どのような理念のもとで経営しているのでしょうか?

 

5世紀続く“とらや”の和菓子

虎屋の代表取締役社長である黒川光博氏はこんなことをおっしゃっていました。
「私が社員に言い続けているのは、売上高だけを大きくするとか、店舗数だけを増やすなど、何でもいいから大きくなるということだけが大切ではないということです。

売上のためにこれをやろう。あれをやろうというのではなくてお客様に本当に満足していただければ、あるいは「こういう菓子があったら食べたい」、というような、お客様の求めていらっしゃることにマッチしたものを私達がつくり上げて行ければ、その結果として売上が上がると考えています。

だから私は、会社が大きいことで幸せだとは思わないし社員が会社人生や自分の家庭生活で満足だと思ってもらえるような環境をどうつくれるかが一番重要だと思っています」。
文化は残そうと思って残るものではなく、魅力があるから残る。

でも自然に任せておけば良い状態になるわけではなく、上の人が言うべきことを言って魅力的なものになっていく。
黒川社長はこう続けます。
「和菓子にしても、これは昔から日本にあるものだからとか、いいものだからとかいくら伝えても、おいしくなければ食べませんよね。そんなことを言われなくても、おいしければまた食べたいなと思う。
その思いをどう高められるかです。

その想いは社員に伝わると思います。
私が言うからではなく、もう少しこうすればおいしくなるのではないか、こうすればもっと喜んで食べていただけるのではないかということを自分達から考えたり、感じたりすることによって繋がっていくと考えています」。

この考え方はまさに、私の会社の経営理念の考え方に一致しています。
社長の想いを会社の経営理念として掲げ社員と共有し、社員一人一人の行動に働きかけるということです。

お客様のことを一番に考えた経営理念が会社に浸透していること、それが虎屋の和菓子が5世紀も続き後世に引き継がれていく理由だったのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

言葉には魂が宿る

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

楽しい記憶は、睡眠中につくられる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

なんでも屋は結局なにもできない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

180度違う方向から取り入れてみよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

お金が貯まらないのは“神経伝達物質”のせい?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
次の面接日時を決めていますか?

営業訪問の目的は、自社の製品やサービスを使って見込み客の抱える問題

論理的か否かは相手が決めること

  わかりやすく話しているつもりなのに、なぜか理解を得

対象を限定することへの不安はどうすればいい?

  「1つに絞ることに不安がある」という方は結構多いの

人脈作りは、目利き能力を磨く!

  人脈は思いがけぬないところにも目を出しているもので

サービスを無料から有料に切り替えるときの注意点

今まで無料でサービスしていた部分を、有料に切り替えようと思うとちょ

PAGE TOP ↑