*

自分という聞き手が理解していれば良し

中井隆栄 1dayセミナー

ある小説家がこんなことを言っていました。
「小説家としての自分は、自分の書いた小説の一番のファンなのです」
小説家は、書き手である自分が読者でもあります。
自分に対してだから自由に書くことができる、というより、自分を楽しませるために書いているのです。

自分という聞き手が理解していれば良し

小説家に限らず、他人を意識すると、変にプレッシャーを感じたりつまらない心配や邪念にとりつかれることがあります。
邪念にとりつかれている時ほど良い作品は生まれませんよね。
そもそも緊張は、他人を意識することから生じます。

人間は、全ての人間に好かれたい、理解されたい、応援されたいと思う生き物です。
しかし、それが自意識過剰につながり緊張する原因になるのです。
大勢の人の前でセミナーをすると全員に理解してもらおうとプレッシャーを感じてしまうことがあるでしょう。

誰かが途中で退席したり、あくびをしたり退屈そうにしていると、迷いが生まれるかもしれません。
でも、あなたのことを全ての人間が理解してくれることはありません。

その中の一人か二人に理解してもらえれば良し、且つ、自分という聞き手が理解していれば良しとする考え方も大切です。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

“単品リピート通販”の魅力

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ノウハウとはアプリケーション

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

技術があっても有名でなければ仕事は来ない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

USPを把握できない時は?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

記憶の50%は4時間以内に消える

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
成功の光と影

光は影がないと存在しないように光と影は対です。 成功の光の裏側にも

反りが合わない人を好きなる方法

この人とはなんだか反りが合わない、そう思ったら、どうしますか? 反

技術習得に時間がかかる社員への接し方

会社の中には、人より仕事の飲み込みが遅い技術の上達が遅いという人が

セルフ・イメージを書き換える方法

成功には個人の能力の差よりもセルフ・イメージの差の方が大きく左右さ

脳と肥満の密接な関係

人間の本能の1つに「食欲」があるように人は誰も食べることが好きです

PAGE TOP ↑