*

自分という聞き手が理解していれば良し

中井隆栄 1dayセミナー

ある小説家がこんなことを言っていました。
「小説家としての自分は、自分の書いた小説の一番のファンなのです」
小説家は、書き手である自分が読者でもあります。
自分に対してだから自由に書くことができる、というより、自分を楽しませるために書いているのです。

自分という聞き手が理解していれば良し

小説家に限らず、他人を意識すると、変にプレッシャーを感じたりつまらない心配や邪念にとりつかれることがあります。
邪念にとりつかれている時ほど良い作品は生まれませんよね。
そもそも緊張は、他人を意識することから生じます。

人間は、全ての人間に好かれたい、理解されたい、応援されたいと思う生き物です。
しかし、それが自意識過剰につながり緊張する原因になるのです。
大勢の人の前でセミナーをすると全員に理解してもらおうとプレッシャーを感じてしまうことがあるでしょう。

誰かが途中で退席したり、あくびをしたり退屈そうにしていると、迷いが生まれるかもしれません。
でも、あなたのことを全ての人間が理解してくれることはありません。

その中の一人か二人に理解してもらえれば良し、且つ、自分という聞き手が理解していれば良しとする考え方も大切です。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

マーケティングとセールスは真逆の才能

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

批判はプロとして成功している証である

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「ザイアンスの法則」がチームを強くする

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

運の良い人には逆らわない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

なぜ企業はスポーツ選手をCMに起用するのか?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人を否定することは脳にマイナス?!

「あの人は仕事ができないよね」 このように、なにかと他人を否定する

ニーズ法に基づくノウハウは売れやすい?

会社員で経理や総務の経験しかない人がいるとしましょう。 この方はど

どうすれば〇〇できる?

ビジネスで問題が起きると「なぜそんなことが起きたの?」 「なぜこう

いつも可能性にフォーカスする

「常に“今できること”に集中し“良い結果”を引き出す力が図抜けてい

接する時間が長いほど……

長い時間接している人ほど好きになるこれは脳の性質です。 経験からも

PAGE TOP ↑