*

ウサギが実験に使われる理由

中井隆栄 1dayセミナー

脳科学の世界では、記憶の実験にウサギが使われることがあります。
人間に比べ、ウサギやネズミの脳は小さく記憶の実験には適さないように思いますよね?
でも、サルを使うよりウサギやネズミが使われるのです。
その理由はご存知ですか?

 

ウサギが実験に使われる理由

記憶の実験に、人やサルを用いると難しい問題が生じます。
例えば、人間は同じ人でも、場合や状況によって能力に差が生じ、さらに心理的要素の影響を受け記憶力が随分変わるのです。
「昨日は夜更かしをしてしまった」「テストなんて面倒だなあ、早く終わらないかなあ」「今回の人体実験は時給○円か。前回より安いなあ」

こういった心理的要素が実験結果に影響するため正しいデータが得にくいという事実があります。
サルも同様に、人間と同じく賢いため目を話すと手抜きをするのです。
その点、ウサギやネズミはいつも一定した同じ力で精一杯、実験を受けてくれるといいます。

記憶のように、曖昧で捉えどころのない実験には人間やサルより、ウサギやネズミがはるかに適しているのです。
ただ、ウサギも若いウサギの方が、記憶力が良く年老いたウサギの記憶力は劣るそうです。
しかし、シータ波が出ていると歳をとったウサギも、若いウサギと同じ記憶力を発揮するとか。

人間とウサギ、老若とシータ波には共通するものが存在するのですね。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

感覚の違いが生まれる原因

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

子供の様な好奇心が記憶力を高める

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

モノを大切にする習慣

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

目標を達成するためには踏まなければならないステップ

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

コーチとコンサルタントどちらが起業に向いている?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
潜在意識を味方につける簡単な方法

人間の顕在意識は、脳全体の1%以下の能力しか使っていません。 残り

労力・時間・お金に正比例しないもの

新しい物事を始めてから、成功するまでをグラフにしたものを成功曲線と

第三者が褒めると人は信用する

自分のことを自分で褒めても、何を言っているんだろうと思われますが、

その行動の裏にある利益

第323回目のポッドキャストでは「ウィリアムグラッサー博士の選択理

商品より先にあなたが見極められている

あなたは、お客様とすぐに仲良くなれるタイプですか? 世の中には、す

PAGE TOP ↑