*

20%を重点管理すれば残り80%も改善する

中井隆栄 1dayセミナー

「投入、原因、努力のわずかな部分が産出、結果、報酬の大きな部分をもたらす」
これは、イタリアの経済学者ヴィルフレード・パレートの有名な学説“80対20の法則“ですね。
彼が19世紀のイギリスにおける所得と資産の分布を調査した際に、資産総額の80%が、人口の20%に集中していたことから考えられました。

 

20%を重点管理すれば残り80%も改善する

世の中のお金も、世界の20%の人が動かしていますよね。
マーケティングにおいては、売上の80%を占めるのは20%の商品(スター)と、20%の顧客(上得意)です。
利益に関しても、この比率は変わりません。
全てにおいて20%を占めるものは何であるのかを見つけ、重点的に管理すると残りの80%をコントロールすることができます。
それが時間と労力を効率的に活用した成功への近道なのです。

私も経営コンサルタントをする上でこの法則は常に意識しています。
経営上の問題を解決する時、問題点を多くリストアップし、重要な20%と、そうでもない80%に分け、重要な20%に優先順位をつけ優先順位の高いものから解決策や対応策を考えていくのです。

すると不思議なくらい、残りの80%の問題も解決していることに気づきますよ。
大切なことは、80%に影響を及ぼす20%をいかに重点的に管理するかということなのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

★中井塾・第17期“体験セミナー&説明会”
受付開始しました!
http://shop.magiclamp.co.jp/

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

脳科学・心理学で自覚していない問題を解決!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ミッションができたら次に何をする?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

声に出して覚えよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

認知されなければ売れない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

社員の積極性を促す言葉の定義とは?

早川大悟 早川大悟

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人を否定することは脳にマイナス?!

「あの人は仕事ができないよね」 このように、なにかと他人を否定する

ニーズ法に基づくノウハウは売れやすい?

会社員で経理や総務の経験しかない人がいるとしましょう。 この方はど

どうすれば〇〇できる?

ビジネスで問題が起きると「なぜそんなことが起きたの?」 「なぜこう

いつも可能性にフォーカスする

「常に“今できること”に集中し“良い結果”を引き出す力が図抜けてい

接する時間が長いほど……

長い時間接している人ほど好きになるこれは脳の性質です。 経験からも

PAGE TOP ↑