*

脳の錯覚が生じるわけ

中井隆栄 1dayセミナー

同じ長さなのに手前にある棒の方が長く見える気がする・・・
辺の長さが同じ3つの立方体なのに右にある立方体の辺が奥にあるような気がする・・・
目の前のものと脳の認識との間でこのような錯覚が生まれることはよくありますよね。

 

脳の錯覚が生じるわけ

錯覚が起きる理由は世の中にある三次元のものを脳が二次元に補正することにあります。
世の中にあるものは全て三次元です。しかし、視覚の網膜は二次元でしかとらえることができません。

目の前の物体の情報が三次元の情報として目に入ってきても目のレンズから網膜に反映されると二次元に減ってしまうのです。それが錯覚の生じる原因です。
三次元の奥行きをそのまま感じることができるのは二次元で得た情報に常識やそれまでの経験をプラスして脳が判断しているからなのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

適量のお酒で脳をリラックスさせる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

何をやっても「好スタート」が切れる人の秘訣

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ダジャレが出る脳の仕組み

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「不快適ゾーン」が成長をもたらす

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

コミュニケーションの最強の武器とは・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
就寝前は記憶のゴールデンアワー

  眠っている間は、体こそ休息していますが、脳の活動を

あなたのお金の価値観とは?

  個人個人の価値観の違いはどこからくるのでしょうか?

経験と人脈は情報源

  経験と人脈は実に価値が高く、とても重要なものです。

出会いを人脈に変える方法

  良い人脈を構築するためには、名刺交換時の対応が大事

中井隆栄インタビュー/人生最大のターニングポイント

  第395回目のポッドキャストは、中井塾・第13期生

PAGE TOP ↑