*

脳の錯覚が生じるわけ

中井隆栄 1dayセミナー

同じ長さなのに手前にある棒の方が長く見える気がする・・・
辺の長さが同じ3つの立方体なのに右にある立方体の辺が奥にあるような気がする・・・
目の前のものと脳の認識との間でこのような錯覚が生まれることはよくありますよね。

 

脳の錯覚が生じるわけ

錯覚が起きる理由は世の中にある三次元のものを脳が二次元に補正することにあります。
世の中にあるものは全て三次元です。しかし、視覚の網膜は二次元でしかとらえることができません。

目の前の物体の情報が三次元の情報として目に入ってきても目のレンズから網膜に反映されると二次元に減ってしまうのです。それが錯覚の生じる原因です。
三次元の奥行きをそのまま感じることができるのは二次元で得た情報に常識やそれまでの経験をプラスして脳が判断しているからなのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

自社のUSPが把握できないときは

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

知識だけでは成功できない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

再現性あるビジネスを継続するには

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

笑顔になると脳の幸せな感覚がアップする

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

寝ている間の脳の使い方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
潜在意識を味方につける簡単な方法

人間の顕在意識は、脳全体の1%以下の能力しか使っていません。 残り

労力・時間・お金に正比例しないもの

新しい物事を始めてから、成功するまでをグラフにしたものを成功曲線と

第三者が褒めると人は信用する

自分のことを自分で褒めても、何を言っているんだろうと思われますが、

その行動の裏にある利益

第323回目のポッドキャストでは「ウィリアムグラッサー博士の選択理

商品より先にあなたが見極められている

あなたは、お客様とすぐに仲良くなれるタイプですか? 世の中には、す

PAGE TOP ↑