*

脳の錯覚が生じるわけ

中井隆栄 1dayセミナー

同じ長さなのに手前にある棒の方が長く見える気がする・・・
辺の長さが同じ3つの立方体なのに右にある立方体の辺が奥にあるような気がする・・・
目の前のものと脳の認識との間でこのような錯覚が生まれることはよくありますよね。

 

脳の錯覚が生じるわけ

錯覚が起きる理由は世の中にある三次元のものを脳が二次元に補正することにあります。
世の中にあるものは全て三次元です。しかし、視覚の網膜は二次元でしかとらえることができません。

目の前の物体の情報が三次元の情報として目に入ってきても目のレンズから網膜に反映されると二次元に減ってしまうのです。それが錯覚の生じる原因です。
三次元の奥行きをそのまま感じることができるのは二次元で得た情報に常識やそれまでの経験をプラスして脳が判断しているからなのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

商品サービスの概念を変えることが一番!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

始めに言葉があった?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人間の脳は、クリエイティブなもの

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人間は一度に7つのことしか覚えられない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

アイデアは54の質問から生まれる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
意識の高い人を人脈にするには・・・

人脈を作ろうと思ったら、まずは人の集まるところに出かけることです。

会社も人も長所進展法で伸ばそう

コンサルタントの仕事をしていると 「この商品が売れない」 「ここを

睡眠は眠りに入る前が肝心!

睡眠は、最初の3時間が重要です。 なぜなら、睡眠中に人間は昼間に

ダイエット失敗の理由は脳にあった

  ダイエットは、難しい! 挑戦してもなかなか続かない

商品やサービスを広める4つの方法

昨今では、商品やサービスを広めるときオンラインを使う方がほとんどで

PAGE TOP ↑