*

視線から思考を読みとる技法

中井隆栄 1dayセミナー

人の感覚は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5つに分かれています。
これらをNLP心理学では、「表象システム」と呼びます。

人が頭の中で何かを再現するには、どれかの感覚要素を使わなければできません。
質問された時だけではなく、生活している間もずっと表象システムを使っているのです。
今日は、「視線解析」といって視線からどの表象システムを使っているのかを読み取る技法を紹介します。

 

視線から思考を読みとる技法

視線解析と表情を組み合わせて観察すると、かなりのレベルまで思考の内容を読みとることができるようになります。

  • 上を向く視線
    視覚要素を使って思考中です。顔や風景・ものの形や色を思い出したり考えています。
  • 横に動く視線
    右左に流れるように動きます。聴覚要素を使って思考中です。音や声・音楽を思い出したり考えを組み立てたりしています。
  • 下を向く視線
    比較的ゆっくり動き、その位置にとどまる時間も長いようです。触覚要素を使って思考中です。
    味・におい・熱い・冷たい・痛い・かゆい・気持ちがいいなどの身体の感覚、あるいは、怒り・悲しみ・後悔など強い感情を伴う記憶にアクセスしています。

 

考えている最中によく視線が上に行く人は、明らかに視覚タイプです。また、視線が横に動く人は聴覚タイプで下方でとどまる人は感覚タイプと言えます。
あなたは、どのタイプでしたか?

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

承認されるとセルフ・イメージがアップする?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人間は習慣の奴隷である

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

社員の出来が悪いのは経営者のせい?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人が購入する時・しない時の違いとは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

SPAは進化している・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「動作」一つで信頼感、安定感を演出する

もし、あなたが満員電車や混んだエレベーターに乗る機会があったら、ぜ

男の理屈と女のヒステリーを生む理由

右脳と左脳には、それぞれ得意分野があります。 主に右脳は、空間の認

漢字は書けるのに作文は書けない?

作文が苦手な子たちは、「何を書いていいのかわからない」「書くのがめ

人を動かしているものは「期待」に他ならない

相手の心を動かそうと思ったら相手の「望み」は何なのかを知ることです

時間は未来から過去に向かって流れている

多くの人たちは、時間というのは過去から未来に向かって流れていると思

PAGE TOP ↑