*

ゆっくり食事をすると満腹感が増える?

中井隆栄 1dayセミナー

私たちは「お腹が空いた」という言葉をよく使います。
血液中のグルコース(糖分)濃度が下がってきた時に、脳がそれを察知して「空腹感」を発生させているのです。
言い換えるなら、空腹感というのは、「脳が糖分を欲しがっている状態」と言ってもいいと思います。
その欲求を叶えてあげるのが「食事」です。

 

ゆっくり食事をすると満腹感が増える?

食事の際には、できるだけ多くの血液を脳に送り込んであげる工夫も必要です。
1つは、食べ過ぎの防止です。
食べすぎてしまうと、胃の活動を活発にしなければならなくなるため、脳よりも胃の方に血液が使われてしまいます。
食事をする時には、食べ過ぎないことが必要です。

それには、時間をかけてゆっくりと食事をすること。
ご飯を食べて胃腸の中の食べ物が消化され栄養分が吸収され、血液中の糖分の量が増えて初めて「これ以上食べなくてもいい」という満腹感が生まれてきます。
よく噛んで食べることで胃の負担を減らしてあげれば、胃の活動に必要とされる血液の量は減り、その分、脳にたくさんのエネルギーを送り届けることができるのです。
脳に働いてもらうためには、ゆっくりと時間をかけながら、よく噛んで食べることが大切です。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

物事の始まりと終わりは集中力が増す?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ビジネスモデル構築が不可欠な理由

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

偏差値の高さと頭の良さ関係ある?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

怒りや不安は睡眠の大敵

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

就寝前は記憶のゴールデンアワー

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
新しい習慣を身につけるには?

  第405回目のポッドキャストは、品川のオフィスから

ラポールは共感システムに働きかける

  ラポール=人と人とを結ぶ心の架け橋です。 ラポー

一旦、目の前の仕事を消去してから・・・

  次の仕事に取り掛かろうと思った時、朝の仕事や、つい

迷ったり、自信のないことはやめよう

  私たちには、人間としての使命や役割があると言えます

必要なものは、すでに全て持っている

  「こうなりたい。でも、なれない」と思う時には、「こ

PAGE TOP ↑