*

アイデアを・・・したもの、それが企画

中井隆栄 1dayセミナー

「これはいいぞ」と、判断できるアイデアに実現性を持たせると「企画」になります。
企画とは、予算と準備と時間さえあれば、実施できる目処が立つ計画のことです。
アイデアのフィージビリティスタディ(実現可能性を確認すること、いわゆる裏どり)は、誰が読んでも見ても理解できるようになっているかを詰めていく作業です。
アイデアの時点ではたった1行でもよかったのですが、企画レベルではそうもいきません。

 

アイデアを・・・したもの、それが企画

内容としてもいくつかのアイデアの複合体となるでしょう。
この時点では、「この企画ならできるな」、という実感が持てるところまで詰められればいいと思います。
「WHAT」と「HOW」とがバランスよく含まれている状態です。
詳細まで詰め切るのは実際に実施過程に入ってから、広告の世界では「絵コンテ」あなたなら「企画書」です。
ただし、その「企画書」には、あなたの新しいアイデアが盛り込まれていないと「新しく」ないんですね。

しかし、一つの企画が新しいアイデアばかりで構成されている必要もないのです。
企画の核となるアイテムがあなたにとって、新しく、効果があるのであれば、それで十分じゃないかと思います。
アイデアの定義「既存の要素の新しい組み合わせ以外のなにものでもない」とはいえ、いきなり企画は生まれない。アイデア出しのステップをいい加減にしてしまうと、やっぱりいい企画にはなりにくいのです。

選び抜かれたアイデアが中心の核になっていると企画が魅力的になってきます。
「企画に深さがない」などと言われてしまうのは、こちらの準備不足が相手に見えてしまうからなのですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

人材が育つ“考えさせる問い”

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

良いお客様を紹介していただくには、、、

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

手書き文字は、感動・命・運命を引き寄せる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

〇人集めれば初セミナーは成功?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

京都から富士山が見えた!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
会社を組織化するタイミング・・その1

  個人事業主として、会社を経営しているとある程度の規

理科が苦手な子には・・・

子供の頃の理科の実験! とても楽しかったですよね。 子供は、本来

新人セールスマンの飛び込み営業がうまくいない理由

飛び込み営業ができない人には、2つの理由があります。 1つは、断

できる人は、何をしている?

あなたにとって「できる人」とはどんな人のことを言いますか? ここ

商品やサービスを広める「4つの王道」

  何か商品やサービスを広めていこうと思った時には、何

PAGE TOP ↑