*

漢字は書けるのに作文は書けない?

中井隆栄 1dayセミナー

作文が苦手な子たちは、「何を書いていいのかわからない」「書くのがめんどくさい」とよく言います。
漢字の書き取りなら、お手本通りに繰り返せば書けるようになります。
でも、作文にはそのお手本となるものがありません。
作文が上手になるために大切なのは読書であり、いろいろな体験だと多くの人が指摘しています。

 

漢字は書けるのに作文は書けない?

何が言いたいのかを明確にし、人に伝わるように書ける。これが作文の技術です。
この技術を身につけるためには、とにかく書くこと。書き慣れることがいちばんの近道なのです。

まずは、低学年のうちは5行程度の短い作文をたくさん書くようにしましょう。
今日あったことを書き記すだけの5行日記なら家庭でも、すぐにできるでしょう。
何を書いてもかまいません。好きに書けばいいのです。
大切なのは、毎日続けることです!

短作文に慣れてきたら、長い作文を書かせてみましょう。
長い作文の難しいところは、何を書きたいかがぼやけてしまうことです。

そこで、10センチ四方程度のカードを何枚も用意し、そこに書きたいことを片っ端から書き出します。
1枚につき1項目です。
あとは優先順位をつけて、並べ替えたり、捨てたりして書きたいものを明確にしていきます。

つまり文章の推敲なのですが、こうした作業は頭の中だけでは、なかなかできません。
実際にまず書き出してみることが大切です。
書きながら考える、考えながら書く。この繰り返しが思考力を高めていきます。

子供が苦労して書き上げた作文です。
親は一生懸命読んで感想を伝えるようにしてください。
どこが面白かったのか、どこに感心したのか。必ず褒めてあげましょう。
褒められれば、子供は嬉しくなりますし書くのも楽しくなるでしょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

成功習慣の代表例

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

新しい習慣で古い習慣を書き換え自身を変化させる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

経営コンサルタント船井幸雄先生がクライアントに聞いた6つの質問

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

休日にできる“脳の休め方”

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「なんでも屋」は、選ばれない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
快楽と痛みの原則

人間は無意識の状態では、常に快楽を得ようとし、苦痛を避けようとする

脳波の種類と脳の働き

筋肉や神経線維と同じく脳細胞が働くときにも電位変動が起こります。

覚えたことを忘れにくくする方法

勉強法を間違えると忘れることが速まったり、覚えたことが混乱します。

掃除は、脳が喜び、幸運を引き寄せる

いきなり質問ですが、あなたの部屋はいつも掃除と整理・整頓が行き届い

良い口グセを言う習慣

何気ない一言でも、口癖になると無意識に一生言い続けることになります

PAGE TOP ↑