*

快楽と痛みの原則

中井隆栄 1dayセミナー

人間は無意識の状態では、常に快楽を得ようとし、苦痛を避けようとする習性を持っています。
では、「快楽を求めたいという習性」と「苦痛から逃れたいという習性」どちらが強いでしょうか?
正解は「苦痛から逃れたいという習性」ですね。

 

快楽と痛みの原則

ビジネスは人と人が行う行為ですから、その基本は当然「快楽を求めたいという習性」か「苦痛から逃れたいという習性」または、この2つの要素を両方兼ね備えた「苦痛から逃れさせてもらえて、なおかつ楽しい」ものに基づくことになります。

「快楽を求めたいという習性」
楽しかったり、感動したり、ワクワクするようなエンターテイメント・ビジネス
「苦痛から逃れたいという習性」
人が困っていることを解決してあげたり、代わりにやってあげるような問題解決や代行ビジネスとなります。

2つの要素のバランスは必ずしも50:50ではありません。
「苦痛から逃れたいという習性」の比重の高い方が、ビジネスとして成功しやすくなります。
私は経営コンサルサルタンとして、自分の著作活動や講師活動をビジネスエンターテイメントとして位置付け、必ず学びの中に楽しさという要素を入れるように意識して活動しています。

ビジネスとは、この三種類に基づいたものしかありませんから、あなたが現在どんなビジネスをしているにしても、これからどんなビジネスを始めるにしても、常にあなたのビジネスが「快楽を求めたい」という方に入るのか、「苦痛から逃れたい」という方に入るのか、もしくは「両方の要素を○:○%の比率で持っているのか」を意識して、事業の戦略を立てることが大切になります。
ビジネスの本質を常に意識すると、事業の戦略や戦術を立てるときや検証するときにブレが少なくなり、そのビジネスが成功する確率が上がるのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

成功を支配する○○習慣…

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

目が見えないのは、ビジョンが見えないより・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

完璧な企画書ほど読まれない?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳に働きかける理想的な握手の仕方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

心のサイフを大きくするには?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
豊かな自分になることを恐れるな

人に優しくお人好しでも、ビジネスでは切り替えられる、という人もいま

仕事の種類を分類して行う習慣

あなたは毎日、忙しく仕事をされているのではないでしょうか? 無意識

マーケティングと脳科学の関係

現代では日進月歩で脳科学の研究が進み、まだまだ完全とは言えないもの

2つのリフレーミング・クエッション

第355回目のポッドキャストは、品川のセミナールームから、トラウマ

成功者はテーブルマナーを見ている

ビジネスにおいて成功したいなら、「人脈」は不可欠な要素の1つです。

PAGE TOP ↑