*

ストレスとうまく付き合うには

中井隆栄 1dayセミナー

人間の脳の中には、「リスクを冒してもやっていこう」という動機付けができるシステムがあります。
危険なことをしたときに「快感」を覚えるシステムが人間の脳の中には備わっているからです。
危険なことにチャレンジすることを快感と思える脳を持っていたから、人間は進化できたと考えられますが、成功した人々は、とりわけこうした傾向が強いのかもしれません。

 

ストレスとうまく付き合うには

しかし成功した人たちに全く不安が襲ってこない訳ではないでしょう。
こうした不安を克服できることも、成功者となる上で重要な能力となります。
危険な状況など、非常にストレスが強いとき、感情を司る扁桃体では、「不安」に対する抵抗力を持つセロトニン受容体を増やすことによって、ストレスに対処しようとします。

アメリカ国立精神衛生研究所のデニス・マーフィは、「不安遺伝子」を探し出しました。
その遺伝子には、長いタイプと短いタイプの2つがあり、長いタイプを持つ人が3割、短いタイプが7割だったと言います。

長いタイプの遺伝子は、脳内のセロトニン量が多く、このタイプの人は不安を感じる程度も少なかったのです。
一方、短い遺伝子を持つ人は不安を感じる程度が強いという結果が出ました。
もしかすると、成功した人たちの多くは、前者の長いタイプの不安遺伝子を持った人たちなのかもしれません。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

アイデア開発と願望実現の2つの脳波

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

夢を実現するマジックリストを作ろう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

見つめ合う時間が長いほど……!?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

失敗ばかり経験しているあなたへ

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

居眠り、瞑想は積極的にしよう!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
自分らしさと仕事ができるを合体させる

「仕事が思うようにできない」「もっとできる人間になりたい」と思った

人間は不安があるから新しいものを生み出せる

新しい仕事に就いた時、または、始める時、誰でも不安を感じるのは当た

ゴミ出しは子供の仕事?!

親は自分が育った子供時代を基準にわが子を育てようとする傾向がありま

お金のトラウマ・チェック

あなたのお金に対する価値観は、あなたが3歳〜6歳だった頃のあなたの

共感脳を育てるには・・??

他人の成功や幸せな出来事に対して無意識に“否定的な意見”を言ってし

PAGE TOP ↑