*

VAKの鍛え方

中井隆栄 1dayセミナー

NLP(Neuro-Linguistic Programming)神経言語プログラミングの中のモデルの一つVAKとは、脳のキャラクター、志向の違いを3つに分けたものです。

Vは、Visual=視覚
Aは、Auditory=聴覚
Kは、Kinesthetic=体感覚
の3つです。

VAKは、タイプによって話すスピードや使っている言語が全く違います。

 

VAKの鍛え方

 

たとえば、Vタイプは早口で、話す時には頭の中に画像が浮かんで、それを言葉に置き換えて話します。

言語も「話が見えない」「見通しが明るい」「ガラス張りで行こう」など視覚的な表現を使います。

 

Aタイプは、耳から入った情報を、そのまま音で出すので、話すスピードが一定です。

早すぎず、遅すぎず、非常に流暢で聞き取りやすいといえるでしょう。

言語は、「本音で話そう」「人聞きが悪い」「ざっくり話してください」と言った表現を使います。

 

Kタイプは、話すスピードが非常に遅くなります。

自分が体で感じたことや気持ちに集中していて、それを表現するために言葉を探しながら話すからです。

言語は、内面の気持ちや体で感じる情報に近いものになります。「あの人、感じが悪い」「そのように受け止めます」「話の趣旨をつかみました」と言った表現です。

 

VAKのバランスをとるには、ある程度のトレーニングが必要です。

トレーニングによって、オールマイティになり、相手の言葉やスピードのパターンに合わせることができるようになります。

 

Vタイプのトレーニングは、絵画や映画を細かくみることによって行います。

普段映画を見る時に、画面の中に何が映っているのかを探すクセをつけるといいです。

1画面にいくつ違うものが探せるかが、Vの能力の訓練になります。

 

Aタイプのトレーニングは、音の聞き分けです。

音楽を聴く時に、普通に聴くのではなく、楽器の一つひとつを聞き分ける訓練です。

普通の曲でも、15〜20くらいの音色があるので、いくつ聞き分けられるかやってみてください。

Kタイプのトレーニングは、筋肉を意識して運動をすることです。

筋トレやスポーツをする場合、どこの筋肉を鍛えているかを意識してトレーニングします。

ひとつの動きに対して、関係するすべての筋肉動きを感じながらやると、体感覚が鋭くなってきます。

VAK別の「話し方」「使う言葉」までをきっちりものにできたら、あなたはもうコミュニケーションの達人です。

どんどん実戦で利用していきましょう。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

コミュニケーションは人生の質

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

五感を使うと願望が叶う確率が加速する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ビジネスは、やっぱり「おもてなし」の心

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

運命をにぎる言葉とは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

迷ったり、自信のないことはやめよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
<明日まで>無料:限定特典付き

こんにちは 中井隆栄起業塾事務局の義澤です。 先日からご案内して

マインドシェア・ナンバーワンを目指そう!

世界的に有名なファッションブランド、エルメスやシャネル、アルマーニ

<新事例>注意! これを読む前に集客するな

コロナ禍にも関わらず昨年の2倍以上の売上をあげた… カリスマ女性

<実話>ビジネス素人が年収10倍になった秘密

ビジネスの経験ゼロ、実績もゼロでした。 起業したいけど本当に集客

1日6時間寝ないと○○はなくなる

睡眠は、1日最低6時間(平均値)以上必要です! なぜなら睡眠は、

PAGE TOP ↑