*

シェイクスピアの台詞も脳の特性から生まれた!?

AA111_L

中井隆栄 1dayセミナー

“But love is blind, and lovers cannot see the pretty follies that themselves commit.”
(しかし、恋は盲目であり、恋人たちは自分たちが犯す愚行に気づかない)

これはウィリアム・シェイクスピアの喜劇・戯曲「ヴェニスの商人」に出てくる有名な台詞です。
これが書かれたのは1590年代。その頃から「恋は盲目」という認識があったのですね。
この言葉通り、人は恋をすると常識や理性を失ってしまいます。
人柄がガラリと変わってしまう人もいますよね。
でもその状態は長く続くことはなく、ある時ふと夢から覚めるように元に戻ることがあります。
我に返ったように、自分は夢でも見ていたのだろうか?
何故他が見えないほど夢中になったのだろうかと思うものですが……安心してください!
それはあなただけに起こることではありません。

シェイクスピアの台詞も脳の特性から生まれた!?

人間の脳の「腹側被蓋野(ふくそくひがいや)」「扁桃体・頭頂側頭結合部が、その現象を巻き起こしているのです。
人が恋に落ちると、「腹側被蓋野(ふくそくひがいや)」から、脳内物質(ドーパミン)が大量に分泌されます。
ドーパミンが大量に分泌されると「扁桃体・頭頂側頭結合部」という批判や判断を司る脳の動きが鈍くなります。
そのために人は盲目になり、脇目も振らず、一心不乱に恋人を想ってしまうのですね、しかし残念なことにドーパミンの大量分泌は長続きしません。
そのため人が盲目でいられるのは、ある一定の期間のみなのです。
「ヴェニスの商人」に出てくる「恋は盲目」という言葉。
とても素敵な言葉ですが、これも人間の脳がなせる技。
脳の特性がなければ、ロマンチックな台詞や戯曲も生まれなかったのでしょうね!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

お金で買えないものを失ってはならない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ダイエット成功も友人次第?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳の機能はいたってシンプル

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

できる人のブレーキとは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳の習性を変えるには?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
寝ている間に問題を解決する?

問題、トラブル、クレームと明日、お客様のところに翌朝イチバンで謝罪

圧倒的な共感ストーリーであなた自身が広告塔に!

接客業で、特に体に触れる仕事の場合、お客様はお店というより、直接体

はっきりとした目標や願望を持っていますか?

あなたは今「はっきりとした願望や目標」を持っていますか? 成功哲

迷いや心がザワついたら!

人生とは迷いがつきものです。 常に選択の連続ですね。 今日のラン

お金のトラウマを解消するには・・

ビジネスがうまくいかない人の中には、お金を受け取るのが苦手という人

PAGE TOP ↑