*

脳は新しい情報をVAKで判断する

AA189_L

中井隆栄 1dayセミナー

あなたはNLP(神経言語プログラミング)の表象システム「VAK」のどのタイプに当てはまるか知っていますか?
人は五感を通じてものを感じています。その中でも、一番情報を得ている感覚は人によって異なるのです。

脳は新しい情報をVAKで判断する

NLPの神経言語プログラミングでは目、耳、鼻、口、体にある感覚を大きく3つに分け、①V:視覚、②A:聴覚、③K:嗅覚・味覚・触覚のうちどこから一番情報を得ているかで人のタイプをVAKの3種類に分けています。

Vタイプの人は、視覚優位で情報を得ている人で、物事を映像で記憶したり、映像で判断したりするのが得意な人です。

Aタイプの人は、聴覚優位で情報を得ている人で耳がすごく敏感で、音を記憶したり、厳密な言葉を発したりするのが得意な人。

Kタイプの人は、嗅覚・味覚・触覚優位の人で「こんな感じ」という感覚を重視する人です。

人は誰もVAKのいずれも使って生活していますが脳は新しい情報が入ってきたときこれら3つのうちどれか1つで判断するというように決まっているのです。
そのため、飲み物のCMをとってみても感じる箇所はタイプによって異なるはず。
ビールグラスの泡と水滴、突き抜けるような青空を良いと感じる人はVタイプ。

シュワーっという泡の音、ゴクッと飲み干す音、「うまい」というセリフを良いと感じるのはAタイプ。
Kタイプの人は、冷えたビールという感覚、飲み干す音や「うまい」というセリフからくる感覚・味覚のイメージといった具合に、CMを観て、いいなあ〜と感じる箇所はタイプによって異なるわけです。

CMもVAK全てのタイプに訴えるように作られているように人や顧客との接し方、プレゼンの仕方もコミュニケーションの仕方も工夫するとあらゆるタイプの人に届くものができるのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

脳を活性化する方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人は顔の左側半分しか見ていない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功できると思う人は3%しかいない?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

怒りを覚えたら、こんな質問を!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

幸せ脳の基本は朝ご飯

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
イメージできれば、願望は本当に実現する?

「イメージできれば、願望は実現する」とよく言われますが、本当にそう

脳科学マーケティング01

第351回目のポッドキャストは、品川のオフィスから、ロジャー・ドゥ

快楽と痛みの原則

人間は無意識の状態では、常に快楽を得ようとし、苦痛を避けようとする

脳波の種類と脳の働き

筋肉や神経線維と同じく脳細胞が働くときにも電位変動が起こります。

覚えたことを忘れにくくする方法

勉強法を間違えると忘れることが速まったり、覚えたことが混乱します。

PAGE TOP ↑