*

脳の出来・不出来を決定しているもの

中井隆栄 1dayセミナー

頭の切れる人、切れない人。記憶力の良い人、悪い人。
私たちは日常的に人と接しながら能力の差を感じることがありますよね。
自分ももっと頭が切れれば良いのに記憶力が良くなれば良いのにと思うこともあるはずです。
では一体何が脳の出来、不出来を決定しているのでしょうか?

 

脳の出来・不出来を決定しているもの

アメリカの心理学者メイツェル博士は知能に、個々の「行動性」や「体験」は無関係であると結論づけています。
むしろ、知能の高さには、「好奇心」や「注意力」が重要なファクターになっているというのです。
細かく言うと、記憶を司る「海馬」の神経細胞の働きが集中力に強く左右される、ということです。

例えば、初めて訪れた場所で、周囲の風景により注意を向けている人の海馬の神経は注意を向けない人の海馬より激しく活動しその活動パターンがより長く海馬に定着します。
強く刻まれたパターンは思い出すことも容易になるのです。

「好奇心」と「注意力」により海馬の神経細胞の激しい活動を促され、定着しやすく、思い出しやすい記憶を生み出していたのですね。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

視覚から潜在意識に情報を刷り込む習慣

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

悪い習慣を良い習慣に変える方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

正月太りも、これで解消!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

その行動の裏にある利益

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

集中力が途切れてしまったら!?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ダイエットを成功させる4つの方法

あなたは、いつもダイエットをしていませんか・・・? 今日は、ダイエ

苦手なタイプはこうして克服する

コミュニケーションで大事なのは、「相手の心を開く」ことです。 でも

1日6時間寝ないと記憶はなくなる?

潜在意識を意識的に使って仕事をしたり、願望を実現させていく上で、非

目標達成に導く「細分化法」

私は、子供の頃から数字が苦手でした。 会社を経営するようになってか

ラグビー元日本代表主将 林敏之氏インタビュー

第357回目のポッドキャストは、品川のセミナールームから、ラグビー

PAGE TOP ↑