*

脳の出来・不出来を決定しているもの

中井隆栄 1dayセミナー

頭の切れる人、切れない人。記憶力の良い人、悪い人。
私たちは日常的に人と接しながら能力の差を感じることがありますよね。
自分ももっと頭が切れれば良いのに記憶力が良くなれば良いのにと思うこともあるはずです。
では一体何が脳の出来、不出来を決定しているのでしょうか?

 

脳の出来・不出来を決定しているもの

アメリカの心理学者メイツェル博士は知能に、個々の「行動性」や「体験」は無関係であると結論づけています。
むしろ、知能の高さには、「好奇心」や「注意力」が重要なファクターになっているというのです。
細かく言うと、記憶を司る「海馬」の神経細胞の働きが集中力に強く左右される、ということです。

例えば、初めて訪れた場所で、周囲の風景により注意を向けている人の海馬の神経は注意を向けない人の海馬より激しく活動しその活動パターンがより長く海馬に定着します。
強く刻まれたパターンは思い出すことも容易になるのです。

「好奇心」と「注意力」により海馬の神経細胞の激しい活動を促され、定着しやすく、思い出しやすい記憶を生み出していたのですね。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

自分で決めた自分のための自分による・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

夢願望の数とかなえるコツ

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

受験に強い学習法(環境編)

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「過去完了形」を使うイメージトレーニング

infact_admin

記事を読む

謝れる人のほうが評価が上がる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「動作」一つで信頼感、安定感を演出する

もし、あなたが満員電車や混んだエレベーターに乗る機会があったら、ぜ

男の理屈と女のヒステリーを生む理由

右脳と左脳には、それぞれ得意分野があります。 主に右脳は、空間の認

漢字は書けるのに作文は書けない?

作文が苦手な子たちは、「何を書いていいのかわからない」「書くのがめ

人を動かしているものは「期待」に他ならない

相手の心を動かそうと思ったら相手の「望み」は何なのかを知ることです

時間は未来から過去に向かって流れている

多くの人たちは、時間というのは過去から未来に向かって流れていると思

PAGE TOP ↑