*

交渉をうまく成立させる優位感覚

中井隆栄 1dayセミナー

NLP(神経言語プログラミング)の中に人が情報処理を行う際、どの感覚が優位に機能するかという考え方があります。
3つの感覚は視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、触覚(Kinesthetic)に分けられ、頭文字をとってVAKモデルと呼ばれていますね。

 

交渉をうまく成立させる優位感覚

このVAKモデルと同じように、人は“感情”、“倫理”、“感覚”のいずれかを優位感覚として生活しています。
ビジネスの交渉の席などでは、相手がどの優位感覚を持ち、何に納得感を得やすいのかを知っておくとコミュニケーションがうまく運ぶのです。

まず“感情優位”な人には、感動的なエピソードを伝えることで心が動きやすくなります。
「この新商品はデリケートで、考えられないほどの時間と労力をかけたんですよ」と商品誕生の秘話や制作の苦労話をして相手の心に訴えかけます。

“倫理優位”な人には、順序立ててロジカルに話を組み立て、データや資料などを駆使すると効果的です。
「この商品を導入していただくことで、コストの70%を削減できます」などですね。

そして“感覚優位”な人には、「おもしろそう!」、「便利そう!」と直感的に感じてもらうことが大切です。
「まずはお手にとってみてください。この柔らかさは、一度触れただけでとりこになりますよ〜」と言われたら買わずにはいられなくなるでしょう。

相手が納得感を得やすい感覚を見極めて話をすると交渉やコミュニケーションがうまく運ぶのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

自分の可能性を引き出す3要素

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功が分かっていたら挑戦にならない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

責任者をしていたチームに戻る場合は?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳はゼロから未来を描けない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ビジネスで成長するには思考と行動を繰り返すこと

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「動作」一つで信頼感、安定感を演出する

もし、あなたが満員電車や混んだエレベーターに乗る機会があったら、ぜ

男の理屈と女のヒステリーを生む理由

右脳と左脳には、それぞれ得意分野があります。 主に右脳は、空間の認

漢字は書けるのに作文は書けない?

作文が苦手な子たちは、「何を書いていいのかわからない」「書くのがめ

人を動かしているものは「期待」に他ならない

相手の心を動かそうと思ったら相手の「望み」は何なのかを知ることです

時間は未来から過去に向かって流れている

多くの人たちは、時間というのは過去から未来に向かって流れていると思

PAGE TOP ↑