*

交渉をうまく成立させる優位感覚

中井隆栄 1dayセミナー

NLP(神経言語プログラミング)の中に人が情報処理を行う際、どの感覚が優位に機能するかという考え方があります。
3つの感覚は視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、触覚(Kinesthetic)に分けられ、頭文字をとってVAKモデルと呼ばれていますね。

 

交渉をうまく成立させる優位感覚

このVAKモデルと同じように、人は“感情”、“倫理”、“感覚”のいずれかを優位感覚として生活しています。
ビジネスの交渉の席などでは、相手がどの優位感覚を持ち、何に納得感を得やすいのかを知っておくとコミュニケーションがうまく運ぶのです。

まず“感情優位”な人には、感動的なエピソードを伝えることで心が動きやすくなります。
「この新商品はデリケートで、考えられないほどの時間と労力をかけたんですよ」と商品誕生の秘話や制作の苦労話をして相手の心に訴えかけます。

“倫理優位”な人には、順序立ててロジカルに話を組み立て、データや資料などを駆使すると効果的です。
「この商品を導入していただくことで、コストの70%を削減できます」などですね。

そして“感覚優位”な人には、「おもしろそう!」、「便利そう!」と直感的に感じてもらうことが大切です。
「まずはお手にとってみてください。この柔らかさは、一度触れただけでとりこになりますよ〜」と言われたら買わずにはいられなくなるでしょう。

相手が納得感を得やすい感覚を見極めて話をすると交渉やコミュニケーションがうまく運ぶのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

成功の裏にはたくさんの失敗が存在する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

VAKの3つの言葉を使い分けよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

相手に多く話させる時間がながければ長いほど、相手はあなたを好きになる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

アイデアを開発する質問リスト「SCAMPER+」

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

『幸せな成功者』の定義ってなんだろう?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
効率的な仕事術とは?

忙しい時こそ、「やるべきことの優先順位を決めてルール化する」これっ

良い質問には良い答えが返ってくる

新しい企画やアイデアに行き詰まった時、あなたはどうしますか? デス

良い睡眠は寝室から

人間は人生の30%を寝て過ごしています。 あなたも快適で質の良い睡

入会率が上がる体験レッスンパターン

体験レッスンやフロントセミナーからの成約率を上げたいとは思いません

社員の出来が悪いのは経営者のせい?

社員やスタッフの仕事振りや、パフォーマンスが悪いと「なんて出来の悪

PAGE TOP ↑