*

交渉をうまく成立させる優位感覚

中井隆栄 1dayセミナー

NLP(神経言語プログラミング)の中に人が情報処理を行う際、どの感覚が優位に機能するかという考え方があります。
3つの感覚は視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、触覚(Kinesthetic)に分けられ、頭文字をとってVAKモデルと呼ばれていますね。

 

交渉をうまく成立させる優位感覚

このVAKモデルと同じように、人は“感情”、“倫理”、“感覚”のいずれかを優位感覚として生活しています。
ビジネスの交渉の席などでは、相手がどの優位感覚を持ち、何に納得感を得やすいのかを知っておくとコミュニケーションがうまく運ぶのです。

まず“感情優位”な人には、感動的なエピソードを伝えることで心が動きやすくなります。
「この新商品はデリケートで、考えられないほどの時間と労力をかけたんですよ」と商品誕生の秘話や制作の苦労話をして相手の心に訴えかけます。

“倫理優位”な人には、順序立ててロジカルに話を組み立て、データや資料などを駆使すると効果的です。
「この商品を導入していただくことで、コストの70%を削減できます」などですね。

そして“感覚優位”な人には、「おもしろそう!」、「便利そう!」と直感的に感じてもらうことが大切です。
「まずはお手にとってみてください。この柔らかさは、一度触れただけでとりこになりますよ〜」と言われたら買わずにはいられなくなるでしょう。

相手が納得感を得やすい感覚を見極めて話をすると交渉やコミュニケーションがうまく運ぶのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

相手のために何ができるか?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

経営理念の3つのパートを押さえる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

心理的抵抗を覚えるのはどうして?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

新規事業の第一歩を踏み出すには?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

“変われない”のではなく“変わりたくない”

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
寝ている間に問題を解決する?

問題、トラブル、クレームと明日、お客様のところに翌朝イチバンで謝罪

圧倒的な共感ストーリーであなた自身が広告塔に!

接客業で、特に体に触れる仕事の場合、お客様はお店というより、直接体

はっきりとした目標や願望を持っていますか?

あなたは今「はっきりとした願望や目標」を持っていますか? 成功哲

迷いや心がザワついたら!

人生とは迷いがつきものです。 常に選択の連続ですね。 今日のラン

お金のトラウマを解消するには・・

ビジネスがうまくいかない人の中には、お金を受け取るのが苦手という人

PAGE TOP ↑