*

なぜ運動神経に差が出るのか?

中井隆栄 1dayセミナー

世の中には、運動能力が優れている子供とそうではない子供がいます。
大人でも、運動が得意な人と苦手な人がいますよね。
なぜ人間の運動神経には差が出るのでしょうか?

 

なぜ運動神経に差が出るのか?

運動記憶は認知記憶が記憶される脳の海馬ではなく「小脳」に記憶されます。
一度覚えると忘れない子供の頃に覚えた自転車の乗り方も身体が覚えた運動の記憶で小脳が受け持っています。

どのようにこの運動記憶が作られるのかを説明すると・・・
自転車にまたがった子供が上手に漕ぎ出そうとするとき大脳新皮質はバランスを取ろうとして働きます。

このとき、大脳は太い神経線維でつながっている小脳皮質に身体の筋肉に送る信号の運動情報を送り込むのです。
もし子供がうまく漕げず転んでしまったら大脳は「この運動は失敗であった」というシグナルを小脳に送ります。

すると小脳は、次に同じ失敗をしそうになるときその信号を受け付けなくなるのです。
つまり失敗すればするほど、失敗する運動信号が小脳に流れなくなるので自然と正しくバランスが取れるようになるということです。

運動が苦手な人は、この失敗経験が少ないからであると言えます。
失敗を恐れて、トライしないことがさらに運動能力を鈍らせるのです。
失敗を多くすればするほど小脳を流れる神経細胞の回路が強化され、理想的なフォームが再現できる運動記憶が定着するのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

居眠り、瞑想は積極的にしよう!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

長所を見つけるまで叱らない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳梁を鍛えるカンタンな方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

朝寝は時間の出費である

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

たまには“ぼんやり”することも大事

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ビジネスの7つの壁

第335回目のポッドキャストは、ビジネスの7つの壁について品川のオ

人とお金はどちらもプライドが高く、寂しがりや

人気とお金の「ゴールデン・ルール」をご存知ですか? ルール1:人を

脳は否定的バイアスを優先的に注目する

私たちの脳は、肯定的な情報よりも否定的な情報に影響されやすいのです

デザインは、わがまま→思いやり

アイデアや企画を考えるとき、何から始めますか? グッドデザイン賞の

不安を感じさせない人の魅力

人は、誰でも何らかの不安を心の中で感じています。 どんなに自信満々

PAGE TOP ↑