*

なぜ運動神経に差が出るのか?

中井隆栄 1dayセミナー

世の中には、運動能力が優れている子供とそうではない子供がいます。
大人でも、運動が得意な人と苦手な人がいますよね。
なぜ人間の運動神経には差が出るのでしょうか?

 

なぜ運動神経に差が出るのか?

運動記憶は認知記憶が記憶される脳の海馬ではなく「小脳」に記憶されます。
一度覚えると忘れない子供の頃に覚えた自転車の乗り方も身体が覚えた運動の記憶で小脳が受け持っています。

どのようにこの運動記憶が作られるのかを説明すると・・・
自転車にまたがった子供が上手に漕ぎ出そうとするとき大脳新皮質はバランスを取ろうとして働きます。

このとき、大脳は太い神経線維でつながっている小脳皮質に身体の筋肉に送る信号の運動情報を送り込むのです。
もし子供がうまく漕げず転んでしまったら大脳は「この運動は失敗であった」というシグナルを小脳に送ります。

すると小脳は、次に同じ失敗をしそうになるときその信号を受け付けなくなるのです。
つまり失敗すればするほど、失敗する運動信号が小脳に流れなくなるので自然と正しくバランスが取れるようになるということです。

運動が苦手な人は、この失敗経験が少ないからであると言えます。
失敗を恐れて、トライしないことがさらに運動能力を鈍らせるのです。
失敗を多くすればするほど小脳を流れる神経細胞の回路が強化され、理想的なフォームが再現できる運動記憶が定着するのです。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

脳が感知する「色」

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

物が捨てられないのも同情ニューロンのせい?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

自分のことしか考えない脳の仕組み

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

どこかで見た気がするのだけれど……

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

『幸せな成功者』を目指す自己暗示

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
感覚の違いが生まれる原因

自分が美味しいと思った料理を他人に勧めたらその人にとってはそうでも

寝ないと記憶が曖昧になる?

毎日しっかり睡眠をとり、元気に過ごせていますか? 睡眠には深さと長

依存症は意志の強さと無関係だった

依存症は意志の強さと無関係だった 依存症といえば、アルコール依存

情報は価値観で歪曲する

人それぞれが持つ価値観により情報はゆがめられています。 例えば、新

ビジネスの価値を上げるには?

ビジネスの価値って考えたことはありますか? 例えば、会計事務所がお

PAGE TOP ↑