*

脳と肥満の密接な関係

中井隆栄 1dayセミナー

人間の本能の1つに「食欲」があるように人は誰も食べることが好きですよね?
食事をしていると、人は自然と笑顔になります。
でも、食べ過ぎにはご注意を!

 

脳と肥満の密接な関係

肥満の人は、ほぼ例外なく食べ過ぎています。
そんな食欲を抑制するといわれているのが脂肪細胞で作られるレプチンと呼ばれるタンパク質です。
レプチンが血液で脳に運ばれ、視床下部を刺激すると、体に脂肪が満ち足りていることが伝わり食欲が抑制されるという仕組みです。

遺伝的に肥満体質のネズミはレプチンを欠いています。
この肥満ネズミにレプチンを投与してあげると体重は30%減少するそうです。
人間も遺伝的に肥満体質の方にはレプチン治療が有効だと思われがちですが、現代社会における肥満はレプチンとは関係ない生活病だそうです。

なぜなら、肥満人のレプチンは、健常人のレプチンより多く作られているからです。
レプチンが多く作られているにもかかわらず、食欲が抑制されないのは肥満人の“レプチン耐性”が高くなってしまったため。

満腹を感じながら食べ続けてしまうとレプチン耐性を高くし生活病に陥ってしまうかもしれません。
寿命は、中程度の肥満は2〜5年、重度であれば5〜10年も短くなるといわれます。
人生のクオリティを考える上で無視できませんね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

成功するには、できるだけ沢山の失敗を!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

締め切りがあると仕事が片付く?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

7回聴くと効果があります

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

経営理念とは何か?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

言葉からイメージしてしまう潜在意識に気をつける

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
士業の営業活動方法とは?

第307回目のポッドキャストでは長野県蓼科にある私の別荘で行われた

3ステップで理想の自分になれる

あなたが理想の自分になりたいと思っていたらやるべきことはたったの3

潜在意識の力で仕事をするには?

脳は大きいものを認識してから細部の小さいものを把握するようにできて

悩める状態から抜け出す方法

「売上が伸びない」「なんとなくビジネスが停滞している」 経営者の悩

ニューロンの周波数の合わせ方

「今日も暑いですね~」「ちょっと蒸しますね」 エレベーターの中など

PAGE TOP ↑