*

脳と肥満の密接な関係

中井隆栄 1dayセミナー

人間の本能の1つに「食欲」があるように人は誰も食べることが好きですよね?
食事をしていると、人は自然と笑顔になります。
でも、食べ過ぎにはご注意を!

 

脳と肥満の密接な関係

肥満の人は、ほぼ例外なく食べ過ぎています。
そんな食欲を抑制するといわれているのが脂肪細胞で作られるレプチンと呼ばれるタンパク質です。
レプチンが血液で脳に運ばれ、視床下部を刺激すると、体に脂肪が満ち足りていることが伝わり食欲が抑制されるという仕組みです。

遺伝的に肥満体質のネズミはレプチンを欠いています。
この肥満ネズミにレプチンを投与してあげると体重は30%減少するそうです。
人間も遺伝的に肥満体質の方にはレプチン治療が有効だと思われがちですが、現代社会における肥満はレプチンとは関係ない生活病だそうです。

なぜなら、肥満人のレプチンは、健常人のレプチンより多く作られているからです。
レプチンが多く作られているにもかかわらず、食欲が抑制されないのは肥満人の“レプチン耐性”が高くなってしまったため。

満腹を感じながら食べ続けてしまうとレプチン耐性を高くし生活病に陥ってしまうかもしれません。
寿命は、中程度の肥満は2〜5年、重度であれば5〜10年も短くなるといわれます。
人生のクオリティを考える上で無視できませんね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

直感の男女差ってあるの?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「これが他人の悩みだったら」が上手くいくコツ?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

報われない状態で努力を続けるか否か?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

目が覚めるまで動けない…はウソ!?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功するには、できるだけ沢山の失敗を!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
他人を否定することは脳にマイナス?!

「あの人は仕事ができないよね」 このように、なにかと他人を否定する

ニーズ法に基づくノウハウは売れやすい?

会社員で経理や総務の経験しかない人がいるとしましょう。 この方はど

どうすれば〇〇できる?

ビジネスで問題が起きると「なぜそんなことが起きたの?」 「なぜこう

いつも可能性にフォーカスする

「常に“今できること”に集中し“良い結果”を引き出す力が図抜けてい

接する時間が長いほど……

長い時間接している人ほど好きになるこれは脳の性質です。 経験からも

PAGE TOP ↑