*

脳と肥満の密接な関係

中井隆栄 1dayセミナー

人間の本能の1つに「食欲」があるように人は誰も食べることが好きですよね?
食事をしていると、人は自然と笑顔になります。
でも、食べ過ぎにはご注意を!

 

脳と肥満の密接な関係

肥満の人は、ほぼ例外なく食べ過ぎています。
そんな食欲を抑制するといわれているのが脂肪細胞で作られるレプチンと呼ばれるタンパク質です。
レプチンが血液で脳に運ばれ、視床下部を刺激すると、体に脂肪が満ち足りていることが伝わり食欲が抑制されるという仕組みです。

遺伝的に肥満体質のネズミはレプチンを欠いています。
この肥満ネズミにレプチンを投与してあげると体重は30%減少するそうです。
人間も遺伝的に肥満体質の方にはレプチン治療が有効だと思われがちですが、現代社会における肥満はレプチンとは関係ない生活病だそうです。

なぜなら、肥満人のレプチンは、健常人のレプチンより多く作られているからです。
レプチンが多く作られているにもかかわらず、食欲が抑制されないのは肥満人の“レプチン耐性”が高くなってしまったため。

満腹を感じながら食べ続けてしまうとレプチン耐性を高くし生活病に陥ってしまうかもしれません。
寿命は、中程度の肥満は2〜5年、重度であれば5〜10年も短くなるといわれます。
人生のクオリティを考える上で無視できませんね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

寝る前の5分間で明日の仕事を終わらせる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳が低調な時はルーティンワークをする

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

子育て世代必見!脳は成長過程で変化する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳は今でも母校の校歌を覚えている

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

寝ている間の脳の使い方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
脳の栄養源とは

さて、今回お届けするポッドキャストでも、私の京都の不動産管理会社の

精神的安定と物質的豊富さ

「有名人になりたい」とか「成功してチヤホヤされたい」「大金持ちにな

成功習慣の代表例

人生を成功に導く「習慣」の代表例は2つあります。 ①プラスの言葉や

5年・10年の事業計画を作ってみても……

会社の事業計画って、どのように立てていますか? 1ヶ月、3ヶ月、5

ディソシエイトの視点で見てみる

今の状況から何をどうして良いのか分からない時、人はその状況に身を置

PAGE TOP ↑