*

成功習慣の代表例

中井隆栄 1dayセミナー

人生を成功に導く「習慣」の代表例は2つあります。
①プラスの言葉や良い口癖を使う「習慣」②アファーメーションを言う「習慣」です。
プラスの言葉を使う習慣は非常に大事ですよね。

 

成功習慣の代表例

ナポレオン・ヒル博士やマーフィー博士も言っているように、人間が思ったことは必ず実現化します。
良いことを思うと良いことが起こるし、悪いことを思うと悪いことが起こります。
口癖とは言葉の「習慣」です。
良くない口癖を普段から使っていると、良くないことを引き寄せているはずですよ。

肯定的な自己暗示、という意味のアファーメーションも成功習慣の代表例です。
あなたはこんな経験をした覚えはありませんか?
何か新しいことに挑戦する時、「ちょっと難しそうだなあ」とか「不安だなあ」と思うと、思った通りうまくいかないという経験。。。
不安や心配通りの結果を引き起こさないためには、先に良いイメージを作ってから行動を起こすと良いのです。

そこで登場するのがアファーメーションです。
例えば、「新規ビジネスが軌道に乗った」「売上が倍に伸びた」など、先に自己暗示をかけて行動すると、暗示通りに事が運ぶ確率が高くなります。
「〇〇した」という過去完了形ではなく「新規ビジネスは軌道に乗っている」「売上が倍に伸びている」という現在進行形の暗示でも、同じように効果は期待できますよ。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

沢山の出会いを人脈に変える方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「ピーターの無能力ライン」を回避するには

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳は3週間に3回入ってきた情報は忘れない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

一つの情報をさまざまな感覚で脳を刺激する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功したいなら将来を見つめよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
見込み顧客の4種類

  第410回目のポッドキャストは、品川のオフィスから

創業メンバーと一緒に基準を作る

会社を組織化する上で、まずは社員とのコミュニケーションを円滑にする

会社の組織化を円滑に進めるには・・

  日本の中小企業というのは、9割以上が30人以下の組

自立すると感謝できる?

親として子供たちに、ぜひ伝え続けて欲しいことがあります。 それは

モチベーションを高める方法

いつも楽しんで仕事をしている営業マンには、顧客は好感をいだきます。

PAGE TOP ↑