*

記憶とストレスの意外な関係

中井隆栄 1dayセミナー

年度変わりなどは、新しい環境、新しい仕事、新しい人間関係・・・こうしたストレスが容赦なく押し寄せますね。
忙しい時期にストレスに負けてしまっては、大きな損失です。
身体がストレスと感じている時、副腎皮質で作られる「コルチコステロン」というホルモンが、大量に脳に流れ込むと神経細胞(ニューロン)の働きが抑えられて、記憶力が低下したり仕事の効率が落ちたりと好ましくない作用が現れます。
ストレスによる能力の低下は誰にでも普遍的に生じる現象です。

 

記憶とストレスの意外な関係

神経生物学者マッゴー博士の論文によれば、ストレスから脳を守る秘訣は、環境に素早く慣れることなのだそうです。
新しい環境に慣れさえすれば、仮にコルチコステロンにさらされても能力は低下しないというのです。
ストレスに慣れることは一種の「記憶の作用」であり、現在の環境を海馬を使った脳の作用によりストレスに感じる必要はないと脳が”記憶”した結果です。

逆に海馬を刺激するとストレスは減少します。
記憶にとってストレスは天敵ですが、ストレスもまた記憶力を天敵としているのです。

ビジネスの世界では、現実問題としてストレスが避けられない場合も多々あります。
新しい環境にできるだけ早く順応しないと、大切な記憶力が侵されかねません。
記憶力が高ければ、こうした危機に直面しても受けるストレスは少なくて済みます。
不可避なストレスに直面する時の備えとして、普段から記憶力を鍛えておくといいでしょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

非認知スキルが問われる時代

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

クセは一生直らないは、ウソ?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

シェイクスピアの台詞も脳の特性から生まれた!?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

反りが合わない人を好きなる方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

情報は価値観で歪曲する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
仕事の締め切りは一日に何度も作る

人間が最も一生懸命に仕事をするのはどんな時でしょうか? それは作業

良い勉強?悪い勉強?

忘れるスピードは、人によって違ったり、意識によって変わることはあり

自分の中の「不快」を徹底マークしよう

質問です。 あなたはプラス思考だと思いますか? 悪い面よりよい面を

プチダイエットで脳も幸せ

マウスの実験で、栄養をたっぷりもらって甘やかされたマウスよりも、少

高級ワインをテイスティングできますか?

あなたはブランド品を良く買いますか? 品質が良かったり、一生使える

PAGE TOP ↑