*

「意識」と「無意識」の正しい違い

中井隆栄 1dayセミナー

一般的に自覚している(気づいている)ことを「意識」、自覚していない(気づいていない)ことを「無意識」と区別します。
「あがり・緊張」をはじめとする心の問題を考える上で、この区別にはあまり実用性がありません。
私たちの「思考」と「感情・欲求」は、それぞれどこから発生しているのでしょうか。
問題が起きている場所を間違えると正しい解決策を打ち出すことができません。

 

「意識」と「無意識」の正しい違い

「考える」ことはもちろん自覚していますから、これが発生しているのは「意識」の領域です。
この「意識」の領域では「損か得か」「正しいか間違いか」つまり理にかなっているか、合理的か否かという評価や判断をしています。

また自覚があっても「好きか嫌いか」「安心か不安か」を感じるのは「意志」の力ではコントロールできない「無意識」の領域であることがわかります。
「意識」で起きていることは、自覚しており、かつ自分の意思の力でコントロールできることなのです。
しかし、自分の意思の力ではコントロールできないことが起きている場合には、「無意識」の領域の問題だと認識することが重要なのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

相手との心の距離を近づける方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「なりきる」ことは最高の自己暗示

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

男性は短期間のストレスに強い!?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

アファメーションがうまくいかない時には・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

社会の中で循環するお金に向き合う

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
快楽と痛みの原則

人間は無意識の状態では、常に快楽を得ようとし、苦痛を避けようとする

脳波の種類と脳の働き

筋肉や神経線維と同じく脳細胞が働くときにも電位変動が起こります。

覚えたことを忘れにくくする方法

勉強法を間違えると忘れることが速まったり、覚えたことが混乱します。

掃除は、脳が喜び、幸運を引き寄せる

いきなり質問ですが、あなたの部屋はいつも掃除と整理・整頓が行き届い

良い口グセを言う習慣

何気ない一言でも、口癖になると無意識に一生言い続けることになります

PAGE TOP ↑