*

モチベーションは、どうやって高める?

中井隆栄 1dayセミナー

「馬の鼻先に人参」という言葉があります。
視界の先にニンジンを吊り下げると、餌欲しさに馬がどこまでも走り続けるという、いわば喩え話です。
この方法で本当に馬を効率よく走らせられるかはわかりませんが、モチベーションを高めるために、“餌(報酬)”を用いることは、日常生活で頻繁に行っています。

 

モチベーションは、どうやって高める?

報酬を使う方法は、心理学では「外発的動機付け」と呼ばれ、古くから仕事の効率を高める手段としてよく知られています。
実際に、外発的動機がないと学習能力がひどく落ちることが確認されており、動物に至っては全く学習しなくなってしまうケースもあるといいます。
また、報酬にたどり着くまでのステップ数が多くなると仕事のエラー率が高くなるという研究結果も出ています。
報酬への“期待”と仕事の“精度”の関係には、前頭葉の働きが関与しているようです。

つまり、仕事の正確度を高めたければ、多くの工程をひとまとめにせず、細かなステップに分け、そのたびに報酬を与える他ないということなのです。
「目標は高い方がよい」とよく言われますが、これでは達成して報酬を得る回数が減るばかりか、達成できずにむしろ挫折を味わうことにもなりかねないのです。
大きな仕事を成し遂げるためには、最終目標以外にも、小さな目標、達成可能な目標を随時、掲げていくことが大切なのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

人間の最大のテーマは「幸せ」と「成功」です

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ビジネスの7つの壁

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

相手に投影される自分の問題

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

マイナスの表情になっていませんか?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

レミニセンスが学習を促進する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
資料は10秒で判断する

孫正義さんは、「数字の裏付けのない資料の価値はゼロに等しい」と公言

体験セミナー・説明会の成約率をあげるには?

第339回目のポッドキャストは、体験セミナー・説明会の成約率をあげ

「催眠」と「暗示」の違い・・

催眠術ショーを見たことがありますか? 「手が棒のように固くなり、ど

モチベーションは、どうやって高める?

「馬の鼻先に人参」という言葉があります。 視界の先にニンジンを吊り

お金の人生脚本

人は、3歳から6歳頃には、人生脚本のあら筋を決めてしまいます。 小

PAGE TOP ↑