*

ニーズとウォンツ法が会社を救った!

中井隆栄 1dayセミナー

フロイトの「快楽と痛みの原則」をマーケティングに取り入れたのが、有名な「ニーズ法」と「ウォンツ法」です。「ニーズ」というのは必然ですから、顧客の立場から「○○しなければならない」というようなものです。それに対して「ウォンツ」とは「○○したい」という欲求です。
例えば歯医者さんを例に挙げると「虫歯を治さなければならない」はニーズです。また「ホワイトニングをして、美しい歯になりたい」はウォンツとなります。

 

ニーズとウォンツ法が会社を救った!

ビジネスというものは人と人が行うわけですから、このように考えていくと、全てのビジネスはこのニーズ法、ウォンツ法と、ニーズ法・ウォンツ法の組み合わせ、という3つのパターンの中で考えることができます。私の経営者としての経験の中で、このニーズ法とウォンツ法が最も役立ったのは、35歳の時でした。
不動産管理会社を経営していた叔父が急病で倒れ、急遽、ピンチヒッターとして、当時はまだ何の経験もなかった私が不動産管理会社の社長になりました。
会社は大赤字、多くの社員は諦めモード、しかも社長の私は不動産については全くの素人・・・「どうしたらこの会社が黒字転換できるか?」をテーマに社内ミーティングを繰り返しましたがなかなか前へ進みません。

そこで「お客様の考えはお客様に直接聞くのが一番いい」と考え、社員の中で一番頼りになった営業部長と2人でリサーチを始めました。その時の質問は、次のようなものです。
「現在、あなたが受けておられる不動産に関するサービスの中で、何かお困りのサービスはありますでしょうか?」ニーズに基づいた質問です。
「現在は存在していないサービスで、こんなサービスがあったらいいなと思われるサービスは何ですか?」ウォンツに基づいた質問です。
売れる商品やサービスには、必ずこの2つの要素があります。皆さん、真剣に考えてご意見をくださいました。

ニーズ法とウォンツ法で得た答えを社内に持ち帰り、優先順位をつけて、その解決策を社員全員で徹底討論しました。
そして、これからの結果をもとに他社がやっていない当社だけのオリジナルのノウハウを100項目作り上げ、パンフレットを製作し、営業活動を再開しました。
その結果、約2年半で社長就任当時の管理物件数を20倍に増やすことができたのです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

会社を辞めて起業するタイミング

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

寝ないと太る?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

メニューを変えるときは8対2の割合を意識する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

大手企業が自社類似品を1/4の価格で売っています…

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

3つの非言語コミュニケーション・スキル

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
共感脳を育てるには・・??

他人の成功や幸せな出来事に対して無意識に“否定的な意見”を言ってし

若者の意識が変わっていく

第373回目のポッドキャストは、品川のオフィスからお届けします。

最近の若者の仕事に対する考え方

大学3回生の次女が就職活動をしていますが、話を聞いていると最近の若

タイム・マネジメントで夢をかなえる

「もっとうまく時間を使えたら」「もうちょっと時間があったらな」と思

挨拶ができる子は友達が多い

挨拶はコミュニケーションの第一歩です。声に出すからこそ伝わるのです

PAGE TOP ↑