*

相手に●●しすぎない、、、

DW050_L

中井隆栄 1dayセミナー

以前、テレビで松本人志さんがこんなことを言っていました。

子供の手を引いた親が道の真ん中を歩いていたのでクラクションを鳴らしたら「子供がビックリするでしょうが!」と親から叱られた、と。
車の邪魔になるように歩いていることよりも親にしてみれば大きなクラクションで子供を驚かせるほうが大問題だというのです。
このようにトラブルというものは基本的にどちら側の人間も自分が正しいと思っています。

つまり「正義と正義のぶつかり合い」なのです。
この様な場合、お互いに言い分はありますから自分の主張を通すのはかなり困難です。
ではどうしたらこの様なストレスを回避することができるか?
実は考え方一つなのです。

相手に●●しすぎない、、、

その考え方とは、「相手に期待しすぎないようにする」ことなのです。
人志さんの場合も、相手が道の真ん中を歩いていることを悪く思ってくれるだろうという期待があるから裏切られた時にイライラするのです。
例えば真夜中に隣の部屋から大音量の音楽が聞こえてきたら当然イライラしますよね?
それは、隣に住んでいる人が、周囲への配慮をしてくれるだろうという期待があるからなのです。

もしこれが空に響く雷なら、イライラなど全く感じませんよね?

正義と正義がぶつかり、イライラする時は、必ず「あの人は周りに迷惑がかからないように動いてくれる」という期待があります。
そして、相手が自分の期待に対して裏切る行為をするから余計にイライラするのです。

誰かとぶつかりそうになったら一呼吸して、相手に期待しすぎないようにしよう!そう思ってみましょう。
ストレスやイライラがなくなるかもしれませんよ。

では午後からも頑張っていきましょう!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

親しみく主導権を握る握手とは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

あなたの強みは15秒以内で伝える

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

お金のトラウマを解消しよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ビル・ゲイツもできることしかやっていない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

答えは必ずクライアントの心の中にある

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
教えて中井先生
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
成果の差は、能力よりも〇〇○の差が大きく左右する!

あなたは、今買い物にきています。 予算内で気に入ったものがみつかり

目標達成を避けようとする人の特徴

あなたは、目標を決めるとすぐに達成できるタイプですか? それとも、

本を読んだ方がいい理由を知っていますか?

誰でも、本を読みなさい!と言われた経験ありますよね。 あなたは、

忙しい時こそ、しっかり〇〇をとる方が良い理由

もっと、時間が欲しい! なんで1日は24時間しかないんだ! そう思

営業マンにおすすめ、取引先で失礼にならないメモ取り術

あなたは、メモを取る派ですか? それともメモを取らない派ですか?

PAGE TOP ↑