*

赤はラッキーカラーではない?!

中井隆栄 1dayセミナー

 

色は、私たちの心に大きな影響を及ぼすことが知られています。

ボクシングの試合では青コーナーよりも赤コーナーの方が勝率が高いことをご存知でしょうか。

理由は単純で、赤コーナーには、一般に青よりも強い選手、たとえばタイトル保持者や経験の長い者が立つからです。

ところが、英ダーラム大学のヒル博士らが、オリンピック大会でのボクシングやレスリングなどの試合を徹底的に調べ上げたところ、やはり、赤サイドの方が青サイドよりも10〜20%ほど勝率が高いことがわかりました。

赤色のユニフォームやプロテクターを身に着けると、それだけで勝機が高まるということのようです。

 

赤はラッキーカラーではない?!

 

ヒル博士らは「赤色は相手を無意識のうちに威嚇し、優位に立ちやすい状況を作るのではないか」と推測しています。

この考えに基づけば、ボクシングの勝敗データにも納得できます。

なぜなら赤いプロテクターやグラブを身につけた時、赤色がより目に入るのは、自分ではなく相手です。

つまり赤色は「パワーがみなぎるラッキー色」ではなく、相手を精神的にひるませて相対的に優位に立つ「セコい色」だったのです。

このように色が私たちの心の状態に及ぼす効果は計り知れません。
となれば、気になるのが勉強や仕事における色の効果でしょう。

IQテストで、問題内容は同じで、問題冊子の表紙だけを白色、赤色、緑色など異なる色を用いたらIQの成績はどう異なると思いますか?

おそらく多くの方は、先ほどのボクシングの例から、赤色が最も高い点数を獲得すると想像することでしょう。

実際に得られた結果は正反対で、赤色が最も点数が低かったのです。

似たようなデータとしては、名古屋大学の八田武志博士らが、パソコンのモニターの枠を赤色にすると仕事のパフォーマンスが低下することを報告しています。

しかし、赤色にもよい面はたくさんあります。

カナダのブリティッシュコロンビア大学のズー博士らの研究によれば、文章のミス探しや、説明書の重要事項を記憶するときには、むしろ赤色の方が成績は向上するようです。

赤色は心理的に回避的な傾向を生み、警戒心を高める一方で、青色は積極的で好戦的な傾向を生み出すと言います。

したがって、極度の集中力が要求されるケースでは「赤色」が、新しいデザインを考えたり、ブレインストーミングをしたりと、創造性が要求されるケースでは「青色」が成績がよいといいます。

その時々にあわせて赤、青を選んで使用できればより色の効果を効率的に取り入れることができますね。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

信頼関係の構築には7回の接触を要する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

視覚から潜在意識に情報を刷り込む習慣

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

お客様とより親しくなるテクニック

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

新しい自分にさらに磨きをかけるには・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

体験セミナー・説明会の成約率をあげるには?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
日本食で血液をサラサラに・・

魚の中にはDHAという成分が多く含まれています。 DHAとは、脂

「ふうん」は最高のあいづち

私たちは、会話中、相手になんとか答えてあげようと思ってしまいます。

15分間の昼寝で脳をリセット

昼からの仕事にそなえて、あなたは何をすべきでしょうか。 それには

世界で最高ってどういうこと?

「世界で最高かどうか」これは、自分の考えや知識をもとにして、「今の

見込み顧客の4種類

  第410回目のポッドキャストは、品川のオフィスから

PAGE TOP ↑