*

整理整頓の極意は、使えるものは捨てる

中井隆栄 1dayセミナー

大掃除などで、部屋をスッキリ片付けられるタイプとそうでないタイプの方がいます。

私は割と物を思い切って捨てられるタイプで、掃除をすれば大抵は室内がスッキリします。

 

整理整頓の極意は、使えるものは捨てる

 

部屋の整理整頓の極意は、「使えるものは捨てる」だと思います。

確かに「使えるもの」は、捨てずにとっておくのが一般的な感覚でしょう。

しかし、「使うもの」と「使えるもの」とでは、大きな違いがあると思います。

「いつか使えるかも」という感情を押し殺して、「使うもの」あるいは「必要なもの」だけを残す戦略が必要になってくるのです。

「いつか使えるだろう」という「もったいない」という感情は脳のどこから生まれるのでしょうか。

それは、同情回路にあります。

同情回路とは、痛みを受けている人を観察しているときに活動する神経システムとして見つかってきた回路です。

前帯状皮質などがこれに当たります。

ドアに指を挟んだりしたシーンを見ると、背筋がゾクゾクとしますが、

この時に同情ニューロン(神経細胞)が活動し、他人の痛みをあたかも自分のことのように追体験しているのです。

同情する相手は、人や動物である必要はなく、こうした物に向けられた同情こそが、「もったいない」の源になっていると考えられます。

「もったいない」とは、“物”を擬人化し、その“痛み”を脳に投影する精神活動なのでしょう。

上手に整理整頓をしたい方は、もったいの精神は捨て、「使うもの」「必要なもの」だけを残すように努力してみましょう。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

日本食で血液をサラサラに・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

必要なのは十分な反復練習

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

男の子には料理を、女の子には修理をさせよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

アドバイスで信頼構築

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

文章を読み解く力をつけるには・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
サービスを無料から有料に切り替えるときの注意点

今まで無料でサービスしていた部分を、有料に切り替えようと思うとちょ

過去は変えることができる

あなたは「過去は、過ぎ去ったものだからもう変えられない」と思います

アミノ酸は体力と頭の疲れを回復する

私たちの体は数万種類のタンパク質で構成されています。 それらのタ

最高の映画を作るディズニーの仕組み

私はウォルト・ディズニーのファンです。 ただディズニーランドやミ

保険セールスからコンサルタントに(2)

一昨日は、セルフイメージの書き換えとメニュー、価格表を作ることにつ

PAGE TOP ↑