*

見積書を出したのに連絡がこないのですが…

FT139_L

中井隆栄 1dayセミナー

いくら見積書を出しても一向にビジネスに結びつかないお客様から全く連絡がこない、そんな話を営業マンからたまに耳にすることはありませんか?
営業マンにしたら、せっかく作った見積りなのにどうして?とやる気が損なわれる気分がすることでしょう。

 

 

見積書を出したのに連絡がこないのですが…

実はこのような見積書のほとんどが他のメーカーとの比較用、相見積もりのために使用されているのです。
それに気づいたベテランの営業マンは見積書をお客様にあえて出さず最後に自分のところに来てくれるよう伝えたそうです。

「見積書どうぞ多いにとってください。そして最後に私のところにきてください。誰よりも安くしますから!」
これならお客様がこない訳はないですよね。
もしかしたらこれは極端な例かもしれませんが相手のニーズやイメージを考慮しない見積書は誰でも見ているカタログに掲載された値段表と一緒です。相手にとって何のメリットもなく魅力を感じられないものであり相手には何の意味も持たないものです。

そこでもしお客様から「概算費用を見積もって欲しい」と言われたら不特定多数の人を相手にしたカタログの値段表を提出してはいけません。
お客様にインタビューして全てを正確に聞き出してからそれに沿った見積書を作るのです。
そのために必要なのが、相手と自分の理解のギャップをなくすための質問力です。
お客様が「普通から中ランクのクオリティのもので」と言ったら、勝手に自分の頭の中にある中ランクで解釈するのではなく、こう質問するのです。
「それは金額でいうとどれくらいでしょうか?」「業界ではランクA、B、Cとありますがそのうちどれでしょうか?」

また納期についても同じです。
「そんなに急がなくてもいいよ」とお客様が言ったとしてもそのまま勝手に解釈してしまうと後々問題になったりします。
「最大、何日以内でしょうか?」
このように質問して、相手の“急がなくてもいい”というのはどの程度のものか相手に合わせて理解する必要があるのです。

大事なお客様を獲得するためにも提出する見積書が相見積りに使われないためにも数量・期日・金額などお客様の求めるイメージを正確に把握する質問力が大切です。私達は一人ひとり、用いる言葉とその解釈が異なる場合があります。ビジネスにおいてはその差がネックになる場合がありますので相手のニーズを正確に理解するように日頃から心がけると良いでしょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

共同経営で気をつけるべきポイントとは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

一瞬で相手の心を開く方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

モノを大切にする習慣

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

営業団体を作る際に抑えておきたいポイント

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

良いお客様を紹介していただくには、、、

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
会社を組織化するタイミング・・その1

  個人事業主として、会社を経営しているとある程度の規

理科が苦手な子には・・・

子供の頃の理科の実験! とても楽しかったですよね。 子供は、本来

新人セールスマンの飛び込み営業がうまくいない理由

飛び込み営業ができない人には、2つの理由があります。 1つは、断

できる人は、何をしている?

あなたにとって「できる人」とはどんな人のことを言いますか? ここ

商品やサービスを広める「4つの王道」

  何か商品やサービスを広めていこうと思った時には、何

PAGE TOP ↑