*

人間の自己防衛本能とは?

AM066_L

中井隆栄 1dayセミナー

自己防衛本能という言葉を聞いたことがありますか?人間は誰しも自己防衛本能というものを持っています。強弱の差があり、強い人は自分の優位性を確保するために攻撃的になったりするのです。

 

 

人間の自己防衛本能とは?

具体的には、自分の正当性を主張したり責任は自分ではなく他人にあるといったことを周囲に知らしめることで自分を守るのです。
その良い例が次の会話にも表れています。
「ねえねえ、次の人事で○課長が部長に昇格するらしいよ」
「そうなの?でもさあ、あの人リーダーシップに欠けるから部長になっても上手く行かない気がする〜。私達に対しては何も変わらないんじゃないの?」


「社長秘書の○○さん、今度結婚するらしいよ」
「あー知っている〜。それも相手を自分から強引に結婚させる気にしたらしいよ。そうでもしないとあの人みたいに気が強い人は結婚までたどり着けなかったのかもしれないよね」

会社にいる女子社員同士の間でこのような会話を聞いたことがありますよね。でも聞いていてあまり気持ちが良いものではありません。
しかしこれらも、人間の自己防衛本能が働き自分の劣勢を認めないようにしている結果なのです。
自分の劣勢を認めたくないという本能が無意識に自分を守ろうとしてしまうのです。
ではどのようにすればこの本能に打ち勝ち気持ちの良い反応ができる人になれるのでしょうか?

それは脳の回路を共感脳に書き換えることです。
「他人の成功や幸せ」=「自分の敗北(不満)」ではなく、
「他人の成功や幸せ」=「自分の成功や幸せ」という回路に脳を書き換えるのです。

先程の会話をもう一度見てみると、
「ねえねえ、次の人事で○課長が部長に昇格するらしいよ」
「そうなんだ。彼が部長になったら会社も会社もますます発展するね!」

「社長秘書の○○さん、今度結婚するらしいよ」
「そっかあ、おめでたいね。何か一緒にお祝いしてあげようよ!」

相手の幸せや成功に共感する会話になっていますよね。『幸せな成功者』を目指すなら他人の成功や幸せに共感し、心から喜び自分のことのように受けとめることのできる「共感脳」を日々トレーニングしていきましょう。
共感脳は幸せ作りの大切な条件です。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

悪い習慣を良い習慣に変える方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「真剣」になっても「深刻」にはなるな

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

内的数値化・外的数値化で行動に移す

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

吊り橋の上で告白すると上手くいく?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功は「不安の顔」をしてやってくる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
快楽と痛みの原則

人間は無意識の状態では、常に快楽を得ようとし、苦痛を避けようとする

脳波の種類と脳の働き

筋肉や神経線維と同じく脳細胞が働くときにも電位変動が起こります。

覚えたことを忘れにくくする方法

勉強法を間違えると忘れることが速まったり、覚えたことが混乱します。

掃除は、脳が喜び、幸運を引き寄せる

いきなり質問ですが、あなたの部屋はいつも掃除と整理・整頓が行き届い

良い口グセを言う習慣

何気ない一言でも、口癖になると無意識に一生言い続けることになります

PAGE TOP ↑