*

普段、自分が使わない言葉を使うと・・・

20151028nakai

中井隆栄 1dayセミナー

人の脳のタイプには3つあります。
それらは既にご存知かと思いますが、VAKタイプですね。
V(視覚)タイプの人は、視覚から得る情報が多い人です。
このタイプの人は頭の中に浮かぶ画像を言葉に置き換えて会話をするため、早口の人が多いはずです。
A(聴覚)タイプの人は、聴覚から得る情報が多い人で、耳から入った情報をそのまま音で出すので話すスピードが一定であり、聞き取りやすい早さで話します。
そして、K(対感覚)タイプの人は、体感覚から得る情報が多いため体を使ったコミュニケーションを得意とします。
気持ちに集中し言葉を探しながら話すため、話すスピードが非常に遅くなります。

普段、自分が使わない言葉を使うと・・・

VAK どのタイプが良い悪いという訳ではなく人に寄ってタイプが違うため、このタイプ別のコミュニケーションをとることによりより円滑に会話が進むのです。
そしてもし、あなたの脳が何タイプが分かり、VAK全てのタイプのバランスがとれた人間になりたいと思ったら次のことを試してみると良いのですよ。

自分が使わない言葉遣いをする

例えば、K(体感覚)が弱い人なら、“しっくりくる”、“話の趣旨をつかむ”といった言葉はあまり使わないはずです。

V(視覚)が弱い人は、“話が見えない”、という言葉を使わないものです。
そのため敢えて、それらの普段使わない言葉を敢えて意識して使ってみましょう。
するとバランスがとれるようになり、言葉に対する感覚を鍛えることができます。
またこれらの普段使わない言葉を集める、というのも効果があります。

A(聴覚)が弱い人は、“ザックリやろう”、“サクッといこう”といった言葉を使いませんよね?
普段使わない言葉なので、聞くと驚くこともあるかもしれません。
その驚いた時に、自分が使わない言葉に気づき集めたり注意するようになると、世界が広がるようになります。

自分のVAK感覚のバランスが、徐々にとれているのが実感できるはずです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

コツコツ努力とレミニセンス現象の関係

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「地上最強の商人」を1年間読むと……

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ビジネスモデル構築が不可欠な理由

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

テレビ好きが本を読むには?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳のウォーミングアップ法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「動作」一つで信頼感、安定感を演出する

もし、あなたが満員電車や混んだエレベーターに乗る機会があったら、ぜ

男の理屈と女のヒステリーを生む理由

右脳と左脳には、それぞれ得意分野があります。 主に右脳は、空間の認

漢字は書けるのに作文は書けない?

作文が苦手な子たちは、「何を書いていいのかわからない」「書くのがめ

人を動かしているものは「期待」に他ならない

相手の心を動かそうと思ったら相手の「望み」は何なのかを知ることです

時間は未来から過去に向かって流れている

多くの人たちは、時間というのは過去から未来に向かって流れていると思

PAGE TOP ↑