*

廃棄食品問題が騒がれていましたが…

AA193_L

中井隆栄 1dayセミナー

廃棄食品の話題がニュースを騒がせていましたね。
廃棄食品を流用するのは確かにNGですがでもはたして本当にもう食べられないのか?
ということは考えてみる必要があるかもしれない、そんな気がしませんか?

廃棄食品問題が騒がれていましたが…

日本の食品廃棄量は世界でも1、2位を争うほどです。

「日本では年間1900万トンの食品廃棄物が出ており、これは世界の7000万人が1年間食べていける量だという。
民間の調査では、2700万トンという報告もある。
そのうち、まだ食べられるのに捨てられてしまうもの、いわゆる「食品ロス」が500万トンから900万トンもあるといわれている。
日本は食料の多くを海外からの輸入に頼っているが、その半分近くを捨てていることになる。
金額にすると、111兆円にものぼるというデータもある。」(出典:ヘルスプレス)

もしかしたら日本は、まだ食べられるものを廃棄してしまっているのではという疑問も湧いてきますよね。
卵を例にとってみても、日本では賞味期限は1~2週間ですよね。
でも香港やヨーロッパの国々では、1~2ヶ月ぐらい平気で放っておくこともあるそうです。
生で食する習慣がない、というのも理由の一つかもしれませんが如何に日本の賞味期限が短いかが分かります。

しかし最近では、賞味期限が延びている食品もあります。
即席麺メーカーの日清食品ホールディングスなどは、カップ麺の賞味期限を5ヶ月から6ヵ月へ袋麺は6ヵ月から8か月に延ばしています。
ちょっとした工夫で、食品の寿命を延ばすことは可能なのかもしれません。
新鮮な食品を食することは非常に大事ですが無駄に食品を廃棄することも極力避けたいものですよね。

それでは今日も、充実した1日をお過ごしください!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

あなたに眠る才能の見つけ方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

初体験を忘れない理由

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳が情報を曖昧に記憶する理由

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

良い人間関係を作る脳の3つのシステム

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳は新しい情報をVAKで判断する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ビジネスの7つの壁

第335回目のポッドキャストは、ビジネスの7つの壁について品川のオ

人とお金はどちらもプライドが高く、寂しがりや

人気とお金の「ゴールデン・ルール」をご存知ですか? ルール1:人を

脳は否定的バイアスを優先的に注目する

私たちの脳は、肯定的な情報よりも否定的な情報に影響されやすいのです

デザインは、わがまま→思いやり

アイデアや企画を考えるとき、何から始めますか? グッドデザイン賞の

不安を感じさせない人の魅力

人は、誰でも何らかの不安を心の中で感じています。 どんなに自信満々

PAGE TOP ↑