*

理論的に選択すると失敗する?

DK048_L

中井隆栄 1dayセミナー

人生には選択がつきものですよね。
身近で直近な例で言うと…「今朝の朝食は何にしようか?」
「今日、着ていく服は何が良いだろうか?」こんな身近なところから選択が始まっているのです。
ではあなたは選択をする際、何を基準にしていますか?

理論的に選択すると失敗する?

“何となく良いと思ったものを選んだ”
“直感でピンとくる方を選択した”
という方もいらっしゃることでしょう。
実は、それらの直感や感覚、決して間違っていません!
私がお勧めしている「仮の意思決定」という方法を知っていますか?

A案が良いか、B案が良いか、決断を下す際に理論的に両案の比較検討をするのではなく潜在意識が良いと思っている方を選ぶというやり方です。
会社の会議などでやってしまいがちなのがA案とB案のメリット、デメリットを書き出し比較検討する方法ですよね。

この方法は一見、理論的に見えて正解のような気がするのですが理論的に正しいことが、常に良い結果を生み出すとは限らないのです。
その理由は、意思決定をして実行に移すのは人間であるから。
人間はそれぞれ心(顕在意識・潜在意識)を持っており理論的に考える顕在意識より、潜在意識の力が圧倒的に強いからです。

親や周囲の人間が、「あなたにはこの方法が絶対合っている」と勧められた経験が誰にもあると思います。
あなたも一時、理論的には納得するものの心の片隅でどこか乗り気じゃなかった時もあったはずです。
そんな時、決まって最後には、やらなくなります。
頭では良いと理解している(顕在意識)が本当はやりたくない(潜在意識)が勝ってしまった結果です。

何か選択をする際には、理論的に考えず直感で良いと思うものや、やっている自分を容易に想像でき
且つ楽しんでいる姿をイメージできる選択肢を選びましょう。
人間は結局、潜在意識の力に勝てないのですから。。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

窓がない職場でもストレスを感じないのは・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

潜在意識が望むものを再確認する方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

記憶力の善し悪しは遺伝で決まっているの?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

最近の若者の仕事に対する考え方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功習慣を身につけると、仕事もプライベートもうまくいく!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
コミュニケーションの最強の武器とは・・

笑顔の効果は古くから心理学的に研究されています。 楽しい感情には

想像の世界で問題を解決する

アインシュタインは可能性を探るために、論理や数学を使うよりも、想像

よい歯科衛生士を採用するには

  第385回目のポッドキャストは、品川のセミナールー

会社を組織化するタイミング・・その2

  会社を組織化する上で、人数が目安になることを昨日お

会社を組織化するタイミング・・その1

  個人事業主として、会社を経営しているとある程度の規

PAGE TOP ↑