*

遠くの友人を見分ける能力は・・・

中井隆栄 1dayセミナー

100メートル近く離れた所を歩いている人を見て「あ、あれは★★さんだ!」と言い当てる人がいます。
凄い観察力だなあ〜と感心するのですがどうやらその能力は誰にもあるようなのです。

 

遠くの友人を見分ける能力は・・・

視覚力というより人間は人の動きを分析する能力に長けているといわれています。
離れた所を歩く友人もその“歩き方”から見分けられるのです。

そのため、友人が脚をケガしてしまい歩き方が変わってしまうと近くに来るまで本人だと気づくことができないのだそう。。。
人間の脳は、形状よりも「動き」に対して高度な知覚力を持っているのですね。

この能力は古来の人間が生存するために備わった能力だと考えられています。
とっさに、捕食動物をはっきり見極めるより動きから察知する方が捕まえるのに効率的だったというのです。

あなたも遠くを歩く人が認識できるかどうかご自分の知覚能力を確認してみるのはいかがでしょうか?
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

学習することは、今までの自分と違う自分になること

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

オナシスも視覚を有効に使っていた

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

アイデアを生み出す会議のやり方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

親の理解を感じる子供は、成長が早い

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

70歳は直感だけで行動して大丈夫!?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
心身を磨くプレゼン道とは・・

  「1を聞いて、10を知る」「察するコミュニケーショ

習慣は変えられない?

  人間の記憶は、脳の神経細胞(ニューロン)がネットワ

偏差値の高さと頭の良さ関係ある?

「あいつは偏差値が高い」などとよく言いますが、果たして、それは顔が

時間もお金もエネルギー

  約束に必ず5分遅刻する人、あなたの周りにもいません

利き手でない手を使ってアイデア脳を活性化させる

  人間の思考パターンは習慣化されています。 例えば

PAGE TOP ↑