*

逆唱問題はニューロンを活性化する

中井隆栄 1dayセミナー

自分の携帯の番号って覚えていますか?
連絡先として人に伝えたり、書類に書いたりする機会が多いと11桁の番号も自然と覚えるものですよね。
ではその番号を逆から言ってみましょう!と言われると……そう簡単には言えないのではないでしょうか。
実際にやってみると、なにか汗が出てくるような感覚を覚えますよね。

 

逆唱問題はニューロンを活性化する

脳のニューロンが活発に動き、汗が出るくらいエネルギーを消費しているからなのです。
難しい問題を考えれば考えるほど脳が活発に活動するため、体から汗が出る感覚に見舞われます。
特に数字を逆さから読み上げる、逆唱問題をしていると脳は非常に活発に働くといわれています。

脳のトレーニングとして、また脳のウォーミングアップとして1日1回、逆唱問題を解く習慣をつけると良いかもしれません。
但し、逆唱問題のようなトレーニングはエネルギーをかなり消費するので1つか2つくらいでやめておくのが無難です。

1時間も続けていると、完全に脳が疲れきってヘトヘトになってしまうはずですよ。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

「不快適ゾーン」が成長をもたらす

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳は30歳を過ぎてから熟成する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

福島・広島を忘れてはいけない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

TVコマーシャルの時間が15秒なわけ

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳は決断しないと実現しない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
コミュニケーションの達人がしていること

普段、あなたが人と会話をしている時ついつい使ってしまう言葉ってある

恐怖や不安を強く感じるのはなぜ?

嬉しいことや楽しいことよりも苦しいことや怖いこと、不安の方が私達は

相手の利になる情報提供で関係構築

あなたはどのように人脈を構築していますか? 異業種交流会やパーティ

人気店の行列に並んでしまうのは・・・

行列のできる飲食店や人気のお店にはなぜか沢山の人が群がり列をなしま

リフレッシュしてストレスホルモンを減らそう

書斎などの狭い空間や同じ場所で毎日長い時間、仕事をしているという人

PAGE TOP ↑