*

やる気と行動の関係は逆だった?

DJ047_L

中井隆栄 1dayセミナー

「難しいからやろうとしないのではない。やろうとしないから、難しくなるのだ。」

紀元前1~紀元後65頃に活躍した古代ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人のセネカの言葉です。
紀元前や紀元後などと聞いてもはるか昔のことで想像がつきませんが彼が放ったこの言葉、2014年となった今でも何も変わっていないのですよね。
その理由をお話いたしましょう。

 

人間の脳には、「側座核(そくざかく)」という部分があります。
前脳の真ん中あたりに、左右一つずつある指の先ほどの小さな器官です。
この側坐核はある刺激を受けると脳内成分ドーパミンを分泌します

このドーパミンですが、実はある秘密を持っています。
この分泌物、実は「やる気」成分なのです。

人は、やる気が出ないからとやる気が起きるまでボーっと座っている事がありますがいくら待っていても永遠にやる気が起きることはありません。
何故なら、「やる気」成分ドーパミンは座っていても分泌されないからです。
では、どうすれば分泌されるのか。

それは、刺激をすることです。

やる気と行動の関係は逆だった?

「側坐核(そくざかく)」は脳の奥深くにあり自分の手で触って刺激して、ドーパミンを分泌させるわけにはいきません。
唯一、刺激を与えることができるのが動くこと、つまり行動することなのです。
行動すると、「側坐核(そくざかく)」が刺激されドーパミンが噴出します。
従って、やる気を出すにはまず動くこと、行動してしまうことにあります。

やる気と行動の関係は逆だった

ということなのですね。

やる気がでるから、行動するのはなく行動するから、やる気がでるのです。
心理学では、この作用のことを「作業興奮」と呼びます。
古代ローマでセネカが言っていたやろうとしない(行動しない)から難しくなるということと一緒だと思いませんか?
その日の気分によってやる気がでないことは度々あります。

そんな時は、まず行動してみることから始めてみましょう。
じわじわと、ドーパミン分泌されてきますよ!

 

それでは、今日も、充実した1日をお過ごしください!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

新年明けましておめでとうございます!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

いつも可能性にフォーカスする

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

とらえ方次第で感情は変わります

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

花粉症は記憶の病気

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

浄財すると3倍良いことが起こる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ビジネスの広がりは、垂直展開と水平展開

商品やサービスの広がりは、垂直展開と水平展開の2つの軸で考えること

「夢は大きく、目標は高くのウソ」

第358回目のポッドキャストは、品川のオフィスから、夢は大きく!、

ラーメンだってタダでは食べられない

あなたの目標はどれくらいクリアですか? ぼんやりとした文字通りの「

脳はランキング1位のものだけをアウトプットする

脳というのは、1つのインプットに対して、1つのアウトプットを行いま

ダイエットを成功させる4つの方法

あなたは、いつもダイエットをしていませんか・・・? 今日は、ダイエ

PAGE TOP ↑