*

やる気と行動の関係は逆だった?

DJ047_L

中井隆栄 1dayセミナー

「難しいからやろうとしないのではない。やろうとしないから、難しくなるのだ。」

紀元前1~紀元後65頃に活躍した古代ローマ帝国の政治家、哲学者、詩人のセネカの言葉です。
紀元前や紀元後などと聞いてもはるか昔のことで想像がつきませんが彼が放ったこの言葉、2014年となった今でも何も変わっていないのですよね。
その理由をお話いたしましょう。

 

人間の脳には、「側座核(そくざかく)」という部分があります。
前脳の真ん中あたりに、左右一つずつある指の先ほどの小さな器官です。
この側坐核はある刺激を受けると脳内成分ドーパミンを分泌します

このドーパミンですが、実はある秘密を持っています。
この分泌物、実は「やる気」成分なのです。

人は、やる気が出ないからとやる気が起きるまでボーっと座っている事がありますがいくら待っていても永遠にやる気が起きることはありません。
何故なら、「やる気」成分ドーパミンは座っていても分泌されないからです。
では、どうすれば分泌されるのか。

それは、刺激をすることです。

やる気と行動の関係は逆だった?

「側坐核(そくざかく)」は脳の奥深くにあり自分の手で触って刺激して、ドーパミンを分泌させるわけにはいきません。
唯一、刺激を与えることができるのが動くこと、つまり行動することなのです。
行動すると、「側坐核(そくざかく)」が刺激されドーパミンが噴出します。
従って、やる気を出すにはまず動くこと、行動してしまうことにあります。

やる気と行動の関係は逆だった

ということなのですね。

やる気がでるから、行動するのはなく行動するから、やる気がでるのです。
心理学では、この作用のことを「作業興奮」と呼びます。
古代ローマでセネカが言っていたやろうとしない(行動しない)から難しくなるということと一緒だと思いませんか?
その日の気分によってやる気がでないことは度々あります。

そんな時は、まず行動してみることから始めてみましょう。
じわじわと、ドーパミン分泌されてきますよ!

 

それでは、今日も、充実した1日をお過ごしください!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

運に好かれる人、見放される人

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

嫌な記憶は、思い出す回数を減らしてみよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功習慣の代表例

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

あなたの脳は知っている

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

脳波の種類と脳の働き

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
男性が女性の表情を読み取れない理由

  男は、女心を読むのが苦手! とよく言いますよね。

価値をどんどん言葉化することで・・・

ほとんどのビジネスは前払いが基本ですね。 お金を払うことによって、

ブレーキをかけてくれる人を持つ

ノリに乗っている状態になってしまうと、自覚はあったとしても危機管理

もしも買わなかったら?と問いかける

忠誠心はビジネスにおいて、なくてはならない必需品といえます。 ビジ

初対面の人とすぐに打ち解けられる方法

先般、ダイレクト出版の動画教材を作ったのですが、その際メルマガの読

PAGE TOP ↑