*

重要だけど緊急ではないこと

中井隆栄 1dayセミナー

ベストセラー「7つの習慣」の中で、スティーブン・R・コヴィー博士は人間の活動を「重要度」と「緊急度」という2つの軸から4つの領域に分けています。
例えば、仕事でクタクタに疲れた会社員は帰宅後、ひまつぶしの遊びをしたりテレビを観ることが多いでしょう。
たまったストレスや疲れを解放するため「緊急でも重要でもないこと(第4領域)」に時間を費やすはずです。

 

重要だけど緊急ではないこと

一般に会社員は、緊急かどうかを優先させられるため次の2つがで活動が占められています。
「重要で緊急なこと(第1領域)」締め切りがある仕事やクレーム処理、病気や事故への対応など。
「緊急だけど重要ではないこと(第3領域)」日常の会議への出席、多くの電話対応。
でも、ここで立ち止まって考えてほしいのです。

人生で最も重要なのは「重要だけど緊急ではないこと(第2領域)」なのですよね。

最も重要なことですが後回しにしても、誰からも文句を言われません。
自分だけ我慢すれば良いことなので意識して時間を作らないと永遠に実行できないことでもあります。

重要なことなのに、できないで終わってしまうのはもったいないですよね。
「重要だけど緊急ではないこと(第2領域)」にはこんな事柄が挙げられます。

●人間関係づくり
●健康維持
●準備や計画
●リーダーシップ
●真のレクリエーション
●勉強や自己啓発
●品質の改善
●エンパワーメント(能力開発)

「重要で緊急なこと(第1領域)」を優先し目前の仕事で精一杯では仕事のレベルやクオリティの成長は望めません。
「重要だけど緊急ではないこと(第2領域)」を日々意識して行うと、仕事や生活のレベルが圧倒的に上がります。

まずは自分の活動を4つの領域に分け「重要だけど緊急ではないこと(第2領域)」をリストアップし少しずつ進めてみましょう。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

毎日目標を達成していくと願望が叶う

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

潜在意識を使って他人を操りたい?!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

潜在意識はイメージで認識する

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

望ましい解決策を導き出すには?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

会社員と事業家の決定的な違いは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
快楽と痛みの原則

人間は無意識の状態では、常に快楽を得ようとし、苦痛を避けようとする

脳波の種類と脳の働き

筋肉や神経線維と同じく脳細胞が働くときにも電位変動が起こります。

覚えたことを忘れにくくする方法

勉強法を間違えると忘れることが速まったり、覚えたことが混乱します。

掃除は、脳が喜び、幸運を引き寄せる

いきなり質問ですが、あなたの部屋はいつも掃除と整理・整頓が行き届い

良い口グセを言う習慣

何気ない一言でも、口癖になると無意識に一生言い続けることになります

PAGE TOP ↑