*

VAKの3つの言葉を使い分けよう

中井隆栄 1dayセミナー

第261回目のポッドキャストは、今年の夏、家族で訪れたハワイのホノルルにあるハレクラニホテルからNLPのVAKについてお届けしています。
NLPは1970年代後半に、言語学者のジョン・グラインダーと数学者のリチャード・バンドラーにより最新の脳科学を使った心理学として開発されました。
その中には、表象システムと呼ばれるVAKというシステムがあります。
このVAKを理解し、3つのタイプの言語を使い分けられるようになるとコミュニケーション能力が数倍もアップするのです。
それでは早速、『幸せな成功者』育成塾ポッドキャストをお聞きください!
http://itunes.apple.com/jp/podcast/xingsena-cheng-gong-zhe-yu/id511213513

VAKの3つの言葉を使い分けよう

人間は、3つのチャンネルから情報を収集しアウトプットしています。
3つのチャンネルとは、
・視覚: (V: Visual)
・聴覚: (A: Auditory)
・体感覚: (K: Kinesthetic 味覚・嗅覚・触覚を合わせたもの)
です。

また人によって、VAKのどこから得る情報が強いかが異なります。
映像で見ている情報量を一生懸命、言葉にしているVタイプの人は早口で喋り、一つの文章が長い傾向があります。

Aタイプの人は、耳から音で入る情報を言葉にしているので、一定のリズムで聞きやすい話し方をします。
Kタイプの人は、感覚からたくさんの情報を得るので考えながらゆっくり喋ったり言葉がとぎれる傾向があるのです。
世の中には、3タイプの人間が存在し使う言葉も、3タイプ存在すると考えることができます。

「話が見えてますか?」
「理解していますか?」
「腑に落ちていますか?」

あなたには、これらの言葉のどれが一番、響きますか?
この続きは、『幸せな成功者』育成塾ポッドキャストでお聞きください!
http://itunes.apple.com/jp/podcast/xingsena-cheng-gong-zhe-yu/id511213513

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

「加藤茂が訊く!経営のリアル」にゲスト出演しました

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

USPを的確・効率的に伝える方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

子供を勉強嫌いにさせない脳の使い方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

スモールビジネスに有効なマーケティング

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

これならブログを毎日書ける!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「自分はまだ何かをやりたい」(坂本龍一)

私はミュージシャンの坂本龍一さんが大好きです。 イエロー・マジック

面接で採用してはいけない人とは?

人を採用する面接では相手のどのような点をチェックすれば良いのでしょ

母国語と外国語の境目

小さな子供はすぐに言葉を覚えてしまいますよね。 周りの人が話してい

【塾生限定】第127回 中井塾MMC2018年8月例会特別企画 残り2名のみ募集

    ―――――――――――――――――――

価値は言語化しないと認識できない

私はセミナーで「社会におけるお金の循環」という話をします。 商売や

PAGE TOP ↑