*

アメリカやイギリスの地図を描いてみよう

中井隆栄 1dayセミナー

「日本地図を描いてみよう」と言うと、日本人であれば、ほぼ誰もが正確に地図を描くことができますよね。
では、アメリカやイギリスの地図はどうでしょうか?あまり覚えておらず、曖昧にしか書けないものです。

 

アメリカやイギリスの地図を描いてみよう

脳は、自分の興味があるもの、自分にとって大切な情報をよく覚えています。それは、それらの情報が脳に占める割合が広いからです。
一方、自分にとってあまり価値がなく、覚えていなくても生活に支障がない情報は、脳に占める割合が狭くなります。

他国の地図の情報の占める割合は狭く、その結果、曖昧にしか覚えていないわけですが、曖昧に覚えていても生活の上で支障はないのです。
このように、脳は日常生活で役に立ち、価値があるものを重要視しています。

その昔、ペンフィールドという人が描いた「脳地図」というものがあります。足、腕、手など体に対応する脳の領域は、どこであるのかを調べた感覚地図です。
これによると、手や指先、特に人差し指に対応している脳の領域が広いことが分かります。
人差し指は、手の指の中で最もよく使う指であるため、生活の役に立ち、価値があるものと見做され、脳の広い領域に記憶されているということでしょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

ビジネスがうまくいかない人の問題点(1)

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

自分の強みは誰が一番分かるの?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

お金で買えないものを失ってはならない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

セルフイメージは輝く未来へのパスポート

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ご褒美をこまめに与えると仕事のエラーが減る

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
目標を下方修正してしまう思考の癖を直す方法(1)

実力があるのに、低い目標を選んでしまうという方がいますね。 それ

カーテン1枚からでも、あなたの運命は開ける

風水術では、特に寝室のベッドの位置と、オフィスの机の位置を重要視し

目標達成できない人は・・

あと少し努力したら、必ず予算に届くのに・・・ 毎回惜しくも達成で

コミュニケーションの最強の武器とは・・

笑顔の効果は古くから心理学的に研究されています。 楽しい感情には

想像の世界で問題を解決する

アインシュタインは可能性を探るために、論理や数学を使うよりも、想像

PAGE TOP ↑