*

アメリカやイギリスの地図を描いてみよう

中井隆栄 1dayセミナー

「日本地図を描いてみよう」と言うと、日本人であれば、ほぼ誰もが正確に地図を描くことができますよね。
では、アメリカやイギリスの地図はどうでしょうか?あまり覚えておらず、曖昧にしか書けないものです。

 

アメリカやイギリスの地図を描いてみよう

脳は、自分の興味があるもの、自分にとって大切な情報をよく覚えています。それは、それらの情報が脳に占める割合が広いからです。
一方、自分にとってあまり価値がなく、覚えていなくても生活に支障がない情報は、脳に占める割合が狭くなります。

他国の地図の情報の占める割合は狭く、その結果、曖昧にしか覚えていないわけですが、曖昧に覚えていても生活の上で支障はないのです。
このように、脳は日常生活で役に立ち、価値があるものを重要視しています。

その昔、ペンフィールドという人が描いた「脳地図」というものがあります。足、腕、手など体に対応する脳の領域は、どこであるのかを調べた感覚地図です。
これによると、手や指先、特に人差し指に対応している脳の領域が広いことが分かります。
人差し指は、手の指の中で最もよく使う指であるため、生活の役に立ち、価値があるものと見做され、脳の広い領域に記憶されているということでしょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

寝ないと記憶が曖昧になる?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人間は不安があるから新しいものを生み出せる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功する日は必ず来る

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

言葉を後ろから読むと・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

時間は未来から過去に向かって流れている

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ビジネスを成功させる握手とは?

  神経科学者でオキシトシンのエキスパートであるポール

新しい習慣を身につけるには?

  第405回目のポッドキャストは、品川のオフィスから

ラポールは共感システムに働きかける

  ラポール=人と人とを結ぶ心の架け橋です。 ラポー

一旦、目の前の仕事を消去してから・・・

  次の仕事に取り掛かろうと思った時、朝の仕事や、つい

迷ったり、自信のないことはやめよう

  私たちには、人間としての使命や役割があると言えます

PAGE TOP ↑